どんなときもWiFiというサービスのメリットとデータ容量

スマートフォン本体は、そのままインターネットに接続する機能は備わっています。

しかし本体の容量では、データが不足する可能性もあるでしょう。

その場合、「どんなときもWiFi」というサービスはおすすめです。

今回は、WiFiの導入を検討している方のために、どんなときもWiFiの制限についてまとめてみました。

使用量が多いと速度制限になってしまう

スマートフォンでインターネットに接続し続けていると、たまに制限がかかってしまう事があります。

というのもスマホ本体のデータ容量には、限界があるからです。

例えば3GBのコースで契約している場合は、3.1GBなどのデータ容量を使用してしまいますと、

通信速度は著しく遅くなってしまいます。

と言っても、全く接続できない訳ではありません。

しかしデータの速度は極めて遅くなってしまうので、

およそ快適にインターネットを楽しめない状態になってしまうのです。

それを考慮しますと、普段から3GBという容量を意識しなければなりません。

しかしデータ通信の最大量を気にするのも、ややストレスになってしまう事があるでしょう。

それを回避するために、多くの方々はモバイルWiFiの導入を検討しているのです。

モバイルWiFiなら、そこそこ容量は多いからです。

しかしWEBのヘビーユーザーですと、たとえモバイルWiFiの容量でも足りないと感じられる事があります。

速度制限は無いどんなときもWiFi

ところで冒頭で触れたどんなときもWiFiというサービスには、その速度制限は無いのです。

完全に容量無制限のサービスになります。

言ってみれば、自宅の光ファイバーやADSLのようなイメージになります。

その2つのネット回線の場合は、容量制限は一切ありません。

容量は無制限になりますから、実績的にはつなぎ放題でインターネットを楽しむ事ができます。

しかしスマホ本体や一部のモバイルWiFiは、容量の制限があるのです。

やはり容量の制限が無い方が、インターネットを存分に楽しめるでしょう。

毎月のデータ容量を気にするのは、ストレスも大きくなってしまいかねません。

その点どんなときもWiFiというサービスなら、速度制限を気にする必要もありませんから、

気兼ねなくインターネットを楽しめるのです。

回線速度は若干遅い

ただ、どんなときもWiFiにはデメリットもあります。

確かに容量は無制限ではありますが、回線速度はそれほど速い方ではありません。

他社のモバイルWiFiと比べると、若干速度は遅いと感じられる事はあります。

ですが、そもそもWiFiはあまり速度は求められない事も多いです。

速度というより、むしろ容量の方が気になってしまう事もあるでしょう。

回線速度よりはデータ容量を優先したいなら、どんなときもWiFiはおすすめです。

おすすめの記事