「血液型 あるある」血液型で何がわかるの。血液型こぼれ話
スポンサーリンク

血液型 あるある

人には基本的にA、B、O、ABと4つの血液型に分かれています。

だけど、国によって血液型に対して認識が違うようです。

そこで血液型にまつわる話を幾つか集めてみました。

スポンサーリンク

・血液型 あるある。血液占いは日本人しか信じない

血液占いといえば日本でよくおこなわれている占いです。

だけど、海外ではそうではありません。

理由は国によって血液型に対しての考え方が違うからです。

 

日本人の大半は自分の血液型を知っています。

それに反して国によっては大病や事故がない限り、血液型を知らない人もいます。

 

日本人はA、B、O、ABと4つの血液型の人が揃っています。

ちなみにA型が一番多く、次にO型、B型、AB型と続きます。

血液型で性格も分けられているので占いやすいという点も日本に血液型占いが広まった原因かもしれません。

ただし、人間の性格が4つのケースに完全に分けられるわけではありません。

それでも、話題に持ち込みやすいのでしょう。

 

実際、血液占いをやるのはコミュニケーションの一つですから。

スポンサーリンク

・血液型 あるある。何で血液型があるの

生物の進化の過程で自然と分類されたのが血液型です。

ちなみに血液の中には血球と呼ばれる物質が存在しています。

さらに血球は、赤血球・白血球・血小板と3つに分類します。

血液型は血球が持つ抗原の違いから分類されて決まります。

ここで抗体というのは体内に異物が侵入してきた時、特徴を覚えて攻撃するタンパク質になります。

血液は基本的にA、B、O、ABと4つのタイプがあります。

ほかにもRhプラスやマイナスと分けられています。

大多数がRhプラスだけど、マイナスの人も存在します。

血液型は人によって違うので、輸血の際に血液型が判明していると病院側も助かります。

スポンサーリンク

・血液型 あるある。輸血の時に注意すること

輸血するのは同じ血液型の人としかできません。

実はO型はどの血液型でも輸血が可能です。

だけど、O型はO型のみでなければ輸血ができません。

考えようによってはO型の人はそんな役割かもしれません。

 

とはいえ、ほかの血液型に輸血ができるからといってO型ばかりを輸血しないことです。

大体、輸血で違う血液型を輸血したらいけないのには理由があります。

違う血液型の抗原が侵入してくると、血液に抗体ができて新しく入ってきた血液に対抗するからです。

輸血を受けた人の赤血球や白血球が溶けたり、血液が固まってしまって詰まってしまうからです。

 

なんで、O型がどの血液型に輸血ができるのは抗原がないおかげです。

それでも、万が一のことがあるので少量ならという場合のみ、輸血が可能です。

・血液型 あるある血液型でわかる性格とは

最初に血液型で性格が変わるわけではありません。

例えば、「あの人って何事もおおらかだからO型じゃない」と思っていたら実際はB型だったとかです。

血液型は基本的にA、B、O、ABしかないのだから性格が4パターンしかないというのと同じことです。

 

実際は人の性格はいろいろと複雑になっています。

 

だけど、あえて血液型の性格を見てみましょう。

A型は几帳面、気配り上手、真面目という長所があるけれど神経質、我が強い、

一目を気にするという短所も存在します。

B型はマイペース、好奇心旺盛、プレッシャーに強いという長所があるけれど飽きっぽい、

自己中心的、団体行動は苦手という短所も存在します。

O型は社交的、おおらか、小さなことで悩まないという長所があるけれど社交的、

おおらか、小さなことで悩まないという短所も存在します。

AB型は天才肌、感受性が強い、要領が良いという長所があるけれどナイーブ、

 

べたべたした付き合いが嫌い、打算的という短所も存在します。

 

こうなっているけれど、先に挙げたとおり、血液型だけでは人の性格は判断できないということです。

・血液型 あるある。植物にも血液型がある

最近になって植物にも血液型があることを知りました。

なんでも、植物の8割がO型になります。

動物にも血液型があります。

動物の場合、人間のように血液型が4つに分かれているわけではありません。

 

A型の動植物は猫、魚、ブタになります。

B型の動植物はウシ、クジラ、カメ、ゴリラになります。

AB型の動植物は蛙になります。

 

ほかの動物も調べてみたら面白いかもしれませんね。

スポンサーリンク
おすすめの記事