濱崎麻莉亜 コスメ marichanbox it企業勤務 バチェラー・ジャパン3出演!濱崎麻莉亜の職業とは
スポンサーリンク

「バチェラージャパン3」「突然の結婚」いきなりマリッジに出演した濱崎茉莉亜。

あなたの仕事のプロファイルは、

あなたがIT企業で働いていることを明確に述べていますが、

濱崎茉莉亜の職業は何であるか疑問に思うでしょう。

濱崎さんの職業を調べててみました。

濱崎麻莉亜さんプロフィール

名前:濱崎茉莉亜(はまさきまりあ)

出身:埼玉県

血液型:O型

生年月日:1996年12月22日

職業:it企業勤務

 

スポンサーリンク

濱崎麻莉亜 コスメ

ワイヤー製の指輪の贈り物に感動した濱崎茉莉亜さん。

プロフィールでは、それがOLのようなものなのか、それがIT会社だったのか疑問でした。

ただ、濱崎茉莉亜さんのInstagramを見ていると、年に何度も海外に行ったり、

アクセサリーの値段が高いなど、稼いでいる会社で働いている気がしました。

実際、調べてみると、濱崎さんはコスメのフリーランスだったようです。

 

マリアさんの作品を調べてみると、彼女は韓国の化粧品「marichanbox」のサブスを開始し、

作品を制作していることがわかりました。

マリチャンボックスの呼び名は、マリアがブランド名にされたことを意味しますね。

ちなみにプロフィールはこのサイトに掲載されていました。

 

 

 

Maria Hamasaki

〝毎月届く韓国コスメ〟サブスクリプションサービスのmarichanboxを立ち上げ、企画プロデュース、モデルを自ら担当後バチェラージャパンシーズン3に参加🌹。現在はフリーで活動をスタート。お仕事の依頼はメールにて受け付けております。皆様の暖かい応援お待ちしております。

引用marichanbox

 

濱崎茉莉亜さんの職業の、IT企業とは、化粧品ブランドのウェブサイトの運営しているということですね。

 

marichanbox

Instagram

 

https://www.instagram.com/marichan_box_jp/?utm_source=ig_embed

 

marichanboxウエーブサイト

https://marichandays.fensi.plus/page/profiles/329815080512259094

 

 

marichanboxの運営会社はO2cni Corporationでした。

この会社はソウルを本拠地とし、代表取締役はシンヒでした。

事業自体はO2cni Co.、Ltdと呼ばれる会社として位置づけられるかもしれません。

あなたは濱崎麻莉亜がIT企業で働いていることを知りました。

私は韓国の化粧品ブランドに携わっていることを知り、モデリングとプロダクションに携わっていることを知りました。

濱崎麻莉亜が一から会社を始められたとは思いません。

 

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. 匿名 より:

    恋愛リアリティー番組って言ってるけど、TV番組とかもそうやけど、作りあげてる番組自体リアリティーではないでしょ。
    テレビ自体も作り上げたもので、ニュースにしても都合の悪いことは電波にのせない。
    芸能人に至っても作り上げられた人物。
    政治と一緒で利権でしかない。
    現にスポンサー絡みのご子息や、二世タレントばかりでつまらないものの垂れ流し。
    アベマも結局はテレビ朝日のネット版みたいなもんでしょ。

  2. 匿名 より:

    AbemaのドキュメンタリーをNHKでやってるのを見たことあるけど、制作企画は若手ばかりで、やる企画を持ち寄ってもやるやらないは社長の独断みたいだから、この会社がトップダウンのブラックでそれが社長に媚びうる番組制作から演者への無理な演出強要とかまで繋がって行ったんだろ。

  3. 匿名 より:

    報道機関も持ち合わせてる、それならば海外で同様の番組から悲惨な結果が出ている事も解っていたはず!
    なのに視聴率欲しさに番組を立ち上げたり、続行するという事は誘導殺人と一緒だよ!
    スポンサーの問題があって始めた以上は簡単には辞められない、けれど世界的な統計でかなりの確立で亡くなる人が出ているんだから、危機意識をきちんと持っていれば初めから番組なんて制作しない、それが止められないなんてただの金の亡者…
    止まってしまった人の人生は帰って来ないんだよ、選択する自由もあるけど選択させない事も出来る、その事を頭でっかちな人は理解して欲しい!

  4. 匿名 より:

    現代、結婚が高年齢化して、婚活と言う言葉がある程結婚が難しくなってきました。
    それを利用して結婚をネタにリアリティ番組を作ったのでしょうけど、参加者の心をえぐる程キツいんです。テレビ的にはその葛藤もドキュメンタリー的で面白い?かもしれないけど本人は全部晒され残される。
    誰かも言っていたけど、ねるとん紅鯨団の「付き合ってください」「ごめんなさい」くらいがちょうどよかったのかも。

  5. 匿名 より:

    リアリティショー、どこまでがリアルでどこまでがショーなのか判断できない視聴者は沢山いる。
    役者がドラマで役を演じるのとは違い、その人の剥き出しの人格と思われて、実生活でも影響が出るだろう。
    なので一定数の馬鹿な視聴者は激しく攻撃してくる。
    もうやめた方が良い

  6. 匿名 より:

    リアルじゃなく台本がかなりあるのは前の件で分かったし、番組を面白くするためにやりたくないことや批判を招くようなこともやらされる。

    今はSNSがあるので、そこに批判や誹謗中傷が本人にダイレクトに届いてしまう。自殺してしまったらもう取り返しはつかない。もうこの類いの番組はやめるべきでは?

  7. 匿名 より:

    本人も視聴者もリアリティーなのに、何時しかリアルになってしまう。
    一種の洗脳に陥る。
    脳と心を”番組という器””からはみ出すような、心理状態になる。
    人によっては陥りやすい方もいる。覗き趣味のようで怖いと思う。
    放送しているから見ているのだろうが、自分をコントロール出来ない人が増える中で
    危険を含むような心理番組の在り方は問題だと思います。

  8. 匿名 より:

    週刊文春やフライデーは旦那の西方ケイスケさんに取材して真相を明らかにして欲しい
    恐らく番組制作側から口外すると番組制作費の損害賠償請求するとか言ってビビらせているんだと思う。
    文春がすべての費用を払う代わりにケイスケさんにしゃべらせてあげましょう

  9. 匿名 より:

    番組や彼女のSNSを見る限り、凄く魅力的で、考え方もしっかりとされた素敵な女性に見えました。何があったのかわかりませんが、単に自死でしたで終わらせるのではなく、可能な限り真相が分かればと思います。その結果、番組が原因だとなれば、このようなリアリティ番組の制作はやめてほしいです。若い命がテレビ制作が原因で絶たれることは、どう考えてもおかしいことです。濱崎麻莉亜さんの御冥福をお祈りします。

  10. 匿名 より:

    プライベートを見せるリアリティーショー。番組にリアルが本当に存在するのか?と疑問に思う。絶対に何かしらの演出があるはず。テラスハウスでの自殺や、ティーン向けの番組では、妊娠出産があった。結婚したとはいえ、リアリティーショーが無ければ、避けられた事態でもある。低年齢の妊娠出産には、身体的社会的にもリスクが高すぎる。このような番組は存在してはならないと思う。

コメントを残す

関連キーワード