STAP細胞で話題になった小保方晴子の勤務先は都内のどこ?同棲している事実婚の男性は誰?
スポンサーリンク

STAP細胞で話題になったのは小保方晴子さんですが、2019年現在、東京の洋菓子店で働き、

雀荘に行って同居している結婚したいパートナーが実際にいると報告されています。

小保方晴子さんの仕事場、雀荘と家の場所、同居している彼氏について調べてみました。

スポンサーリンク

小保方晴子さんの現在は雀荘通いで洋菓子店勤務なの?

小保方晴子の最近の状況に関する記事ですが、

普通の人、バイト、プライベートは静かに暮らす、

でも人々に顔を隠していません。

彼女は平和に生きる権利を持っていますか?

小保方晴子の最新の状況が週刊誌に掲載されました。

東京の洋菓子店で働き、彼氏と暮らしていて、雀荘によくいくようです。

洋菓子店で働いているなら、たぶん給料も安いでしょう。 そして

サークルと研究所の関係と早稲田大学でマージャンは訓練されたと言われています。

小保方晴子さんは、STAP細胞で話題の後に本にも登場しましたが、今は静かに普通にしているようです。

スポンサーリンク

小保方晴子さんの勤務先の洋菓子店は都内のどこ?

それでは、小保方晴子さんが働く東京の洋菓子店はどこですか?

マスクと帽子をかぶるので、良いお洋菓子店のようです。

菓子を準備また製作していると感じています。

東京のどこの洋菓子店で働いていたのかわかりませんでしたが、

元気で普通に働いて生活しているので良かったと思います。

スポンサーリンク

小保方晴子さんが通う雀荘は都内のどこ?

 

小保方晴子さんが通う雀荘ですが、

マージャンをしている姿が、かっこいいですが、

呼ばれている名前は彼氏の姓なので、結婚する予定があるのでしょうか。

いつもマスクをしているかどうかわからないですが、注意しているかもしれませんね。

果たしてこちらもどの雀荘に通っているのか知ることができませんでした。

小保方晴子さんの同棲しちる家は事実婚相手は千葉県の誰?

そして、彼らが同居して結婚しているかという事実について。

前に結婚相手の記事があり、違う人を紹介する記事がありましたが、それは別の人のようです。

今の彼氏は、同じ千葉県の人みたいなので幼馴染でしょうか?

彼が都内に購入した家に小保方晴子さんが移り住んだようです。

STAP細胞で大変な状態の時から小保方晴子さんに会い支援して支えているのならば、優しい人だと思います。

数年たっても、このようなメディアに追われる可能性があるので、男性も大変難しいと思います。

とにかく、小保方晴子さんに幸せになってほしいと思います。

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. 芳樹 より:

    「理科の実験」と「お菓子の製造」は似たところが多いです。そういう興味と、ある種の優秀さが合わさって、自分の興味から外れた先端研究の場所に引っ張られてしまったのかもしれない。それだったら、多分小学校のころに抱いていた理科実験などの「楽しさ」の原点に戻ってみるのは悪いことではない。

  2. 村田 より:

    遠い昔、卒研先の一つに理研があったけど、噂ではパワハラがあるとかで私は選ばなかったな。でも、他の所でもパワハラはあったし、排他的な人も多くて、研究はすすまない。日本での研究は協力しあう環境でなかったし、みんな競争だとかいって、足の引っ張り合い。うまくいけば、自分もチームの一員みたいな顔して乗っかってきたり。15年位前の日本ではこんな感じで、学生だった私はあれこれこき使われて16時間位土日なく働いていて家に帰って寝るだけの生活を送ってました。こんな感じだから、小保方さんの場合も責任を理研の上の人たちが押し付けたり、周りが煽ったりしたんだろうなと。おそらく汚い人間はまだ内部にいたりして。
    理研は闇が深そうだから、徹底的に内部のパワハラとか調べれば、亡くなった笹井先生は報われるんじゃないか?記者さんよ、君がリサーチ(研究)する番じゃないのか?

  3. こうじ より:

    プライバシーを暴くようなことはすべきではありません。

    しかし、一方、自分のした事に対して、責任を持たないとね。
    子供じゃないんだから。

    STAP細胞はあります、と言った、それについてはどうなんだい。
    今はどう思っているのか、説明する責任はありますよ。

  4. 田代 より:

    結局、小保方さんの研究成果ってなんだったのだろう
    レポートは人の論文コピペでパクリだし
    STAP細胞も有るんだか無いんだか立証出来てないし
    暴露本出してあとは知らな~いって

    研究所を退所して平穏な生活を送っている人を追い掛け回すのは
    良くないと思うけど、もう彼女のイメージは好転することは
    ないでしょうね

  5. こうじろう より:

    彼女1人の責任ではない、女性で注目されたのも確か、上司も責任を感じ自殺したのも事実

    研究所全体の責任でもある
    何故確かめなかった?本を出さずにと言うが
    彼女が発言を許される場所も無く
    話すと否定される。言いたい放題された事も
    あるだろう、手段が本だったか

    研究所の方が無責任に思うが
    プライドが邪魔をしてた部分もあるだろ
    研究結果を最後まで確かめもせず
    世に出したか、そこも理解不明
    彼女を宣伝に利用した部分もあるだろ

    彼女は地獄の生活を送ったのも事実

    罰はまだ受けないと行けないのか?
    犯罪者なのか?全て失った彼女に
    まだ追い討ちかける?

    記事書く事ないの?彼女一般人

    自殺した方気の毒だとも思うが
    そこは確認不足の責任だと思う
    死人に口無しだけど、それほど
    責任を感じざる終えない状況
    責め立てれたか?
    研究所の責任もある、研究所全体で協力して
    世に出すべきだった。

  6. lllj より:

    いまだに、彼女のバッシングコメント入れる人いるけど、それより、他業種の人間としては、なぜ彼女があの若さで、あんなにもとんとん拍子で認められたのかが不思議だ。
    彼女だけの責任のように書く人も多いが、目が眩んでスタップに関わろうとした人たちにもそれなりの責任はある。
    ビジネス社会では、トラブルにあったとき、すべてはあいつのせいまなんて言ってるやつは、信用されないよ。この記事はそういう人たちのカタルシスになってるのかも。

  7. hj より:

    何の仕事を選んでも自由だと思いますよ。ただSTAP細胞の研究を続けることが許されないから諦めたのか、実現不可能なことが分っているから投げ出したのか、そこがはっきりしないままでは、今のあり様は世間から納得してもらえいないでしょうね。
    「あんなの嘘っぱち、もうやめました」って言ってもらえればすっきりする人が多いと思いますよ。
    彼女しか説明できない問題がうやむやになっているから、プライバシーまで侵害されるというのは、いささか行き過ぎの気もしますし、ブランド品嗜好、事実婚を同棲といい、菓子店勤務、趣味の麻雀まで晒すのは、記者の品性にもよるんでしょう。新潮もフライデーレベルということです。

コメントを残す

関連キーワード
社会の関連記事
おすすめの記事