岩手県の県立病院の職員が病院のマスクを持ち去り転売
スポンサーリンク

日本では新しいタイプのコロナウイルスでマスクの不足がしています。

ほとんどの人は、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、

ドラッグストアにマスクが品切れで買えません。

そんな時にニュースで病院の職員が病院のマスクを持ち去り転売した事が報道された。

つい最近に消防署の職員が、消防署の備品のマスクを、

メルカリで高額転売していた事が報道されたばかりですね。

岩手県の県立病院の40代の女性職員が病院のマスクをを転売して稼いでいる

ことが判明したことが発表されました。

そのため、今回は、岩手県二戸市をはじめ、

県立二戸病院のマスク転売の40代の臨時職員お調べてみました。

 

新型コロナウイルスで、日本ではマスクを着用する人が多くなりマスクが不足しているために

利益を上げる人もいるようです。

岩手県の県立病院で働く臨時の職員がマスクを転売しました。

40代の女性は、有名な無料アプリを使用して病院の在庫からマスクを盗んで販売しました。

あなたはばかげたことをしますね…それは一時的な収入ですが、

あなたは病院の職員ですよね?

そのような人がいるのは本当に残念です。

スポンサーリンク

このマスクを転売した40代の女性の臨時の従業員です。名前は?

現時点では発表されていないようでした。

病院に保管されているマスクは許可なく転売されているため、

これから、警察に被害届を出すか検討中です。

スポンサーリンク

マスクの販売した価格はいくらか?

県立二戸病院の臨時職員である40代の女性が病院の倉庫からマスクを取り、

約10倍の価格で転売したと発表した。

合計約15,000円で売ったと言いました。

私がそれを調べたとき、女性は8箱で480個のマスクを取り出しました。

そして、このマスクの再販価格は8箱で約15,000円です。

スーパーやコンビニで買うのは面倒ですが、

病院のものを転売品を購入するのもどうかと思います?

スポンサーリンク

40代のマスク転売した臨時女性職員の働いている二戸病院では大きい?

これは岩手県二戸病院で、美しくて大きな病院のようです。

建物は4階建てのようで、地下室もあります。

大きな病院であり、バレがないと思いましたか?

そして、あなたは完全に40代の大人です。

新しい報道があると思うので、ちょっと待ってみましょう。

スポンサーリンク