デマが発端となり、日本中でトイレット
スポンサーリンク

マスクだけでなくトイレットペーパーなど紙製品が売り切れるケースが相次いでいます。

熊本市内のスーパーではトイレットペーパーやキッチンタオル、ティッシュなど紙製品の売り切れが続出しています。他にも横浜市や川崎市の店でもトイレットペーパーやティッシュの紙製品が品薄の状態になっています。その背景にあるのが「トイレットペーパーとティッシュペーパーが品薄になりそう。製造元が中国です。事前に購入しておいた方がいいかも」というデマ情報です。
こうした状況に対して業界団体は、トイレットペーパーは98%が日本製で買い占めたりしなければなくなることはないとしています。また、製紙メーカーなどによりますと、トイレットペーパーやティッシュは通常通り生産していて、問題はないということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

スポンサーリンク
おすすめの記事