コロナ禍でも減らない不倫、テレワーク中の会社員がつく嘘は急な出張か出社日、コロナ時代の探偵業
スポンサーリンク

テレ不倫とはテレワーク中の会社員が不倫するためにつく嘘で多いのが、

今日は出社日だから

だそうです。

 

男女問わずです。

 

旦那さんや、共稼ぎの場わいなどは、奥さんもありますね。

 

急な出勤や出張特に疑わしいですね。

 

 

 

実際はコロナ禍の影響を受けて仕事がなくなっていても、

普段通りの仕事の服装で出かけるようです。

 

テレ不倫の相手は、同じ職場や取引先の人が多い様です。

コロナ禍で宿泊する人も減りつつあるビジネスホテルの苦肉の策で多い。

 

 

テレワーク応援プランがありますが、

裏を返せば、不倫応援プランになっている現実が多い様です。

 

 

 

たとえばテレワーク応援プランのビジネスホテルのリモートワーク用のプランで2人とも部屋を取って

2人で別の部屋で仕事をしている様に見せて、

実はどちらか一部屋で不倫をしている事実も最近多いと

探偵事務所も助言しています。

 

 

 

依頼者から、パートナー、旦那さんや奥さんが、

今日は出社びと出かけた時は大体不倫なので、

逆に特定はしやすいようですね。

 

 

探偵は、同じ部屋に入った写真を、証拠として撮影するようですが、

マスクをしているので、特定写真も撮りずらいようです。

スポンサーリンク

コロナ禍によって別れ、不倫の関係が終わる人も多い

このコロナ禍によって逆にその不倫という関係に愛が有ったのか無かったのかが、

はっきりして不倫の関係が終わる人もいるということで、

コロナが別れのきっかけになった人多い様です。

 

スポンサーリンク

在宅勤務のテレワークから生まれたオンライン不倫

パソコン上でのチャットやオンライン通話での不倫相手とのやり取りを異性に

目撃される事も最近多いようですね。

 

 

テレワークから生まれた電話やオンラインチャツトを使用する不倫

も夫婦関係が悪くなるきっかけになることが増えているようですね。

 

 

 

テレワークをきっかけに利用者が急増したZoomなどのオンライン会議用アプリで、

テレビ電話で不倫相手と書斎や車にこもるなどして仕事をしているフリをしたりして、

いろいろ工夫しているようですが

 

 

やはり夫婦だと態度や雰囲気で不信感を抱かれてスマホで使うLINEを

パソコンで使用したりやオンラインチャツトの会話の履歴を配偶者に見られてしまい

不倫が発覚するケースも増えてきて現場や証拠がばれやすくなっているようです。

 

 

 

コロナ禍の時代でストレスもたまり、

普段は心の奥に潜んでいた願望が時間の余裕がある在宅勤務で

余計な妄想が膨らみ実現させたい願望が普段よりも強くなり

テレワーク不倫が急増しているようで、

コロナ禍の時代なのに、なぜか探偵業は忙しいようです。

スポンサーリンク

テレ不倫コメント

 

目立つ格好をPRして、実際は地味にやるんですよね。わかります。
人間の欲望や隠し事がある限り、探偵は無くなることはなく、その手法は時相を反映するということですね。
友人が離婚に際して嫁さんに探偵をつけられた時の話を聞きましたが、そこまでばれちゃうのか、というぐらい調べられていました。
恐るべしですね。
ラブホに出入りする瞬間を写真や動画に収めても
2人ともマスクしていたら、裁判で証拠として認められるのだろうか?探偵は耳で判断すると言うが、裁判官に理解されるかどうか。
耳の形で見分ける、というのはすごいですね。
見落とされがちですが、探偵業界の人達は、実は役所相手の手続きに詳しいそうですね。土地の登記を調べたり、今は困難になったけど…他人の住民票を上げたりナンバーから車の持ち主を割ったり。素人は、尾行・盗聴・盗撮といった派手な面に目が行くけど、実際は頭と知識を使って、調査対象を割っていく部分が大きいらしいです。
写真週刊誌だの、文春·新潮だのの、政治家や著名人の記事や不倫現場をおさえたとかいう写真記事なんかも同じやり方かな。
確かに、マスクしてると本当にこの人なのかなと、写真の意味ない気もする。
以前なら、グラサン·マスクは明らか不審人物扱いだったのが、今やほぼノーマル扱い。
で、結局一番不審なのは、尾行とか物陰に隠れて写真撮ろうとする人だったりすると思う。

 

巣ごもりのストレスと便利なITツールが広まっていることで、不倫の仕方にもバリエーションが増えてるとは皮肉な話。自粛疲れと相まって、コロナ離婚のように夫婦の関係崩壊が進むのでしょう。
にしても、あまりに不用意な使い方に呆れてしまう。これも、自粛疲れで気が緩んでいるからでしょうか。いずれにしても自業自得ですね。
ともかく、テレワークで普及した手法や技術、サービスは、今後も有用なものなので、不倫や探偵ごとではなく、経済の活性化に用いて欲しいものです。
直接接したり長時間密な場所にいるわけではないし、探偵をやってみたくなった笑
しかし、テレ不倫とか、また新たな用語が出てきてビックリ!
依頼者はお金に余裕あるんだろうけど、ある程度は自分の足で尾行するなりで分かると思うけどなぁ。。。
財産分与だのお金を少しでも多く取るために必死なんだろね。
ダメになるのは、ダメになりかけてたから。
どうしても別れたくないなら、証拠抑えるより、今一度互いの反省や振り返りが必要なのは、いつの時も変わりない。
割り切ってるなら、どんどん金かけて人動かして戦闘モード突入するほかないけど、憎めば憎むほど、泥沼な精神に自身が陥るだけ損だとも思える。
子供が可愛そう思うなら、賢く選択するのがいい。

 

このコロナの中不倫を続行する人って、自分はコロナとは無関係とか思ってるのかな、もし感染したら保健所に行動履歴を確認されたりするわけで
そもそも不倫は濃厚接触だからソーシャルディスタンスなんて関係ないんだから、、そんな人が不倫以外でコロナを恐れてマスクして手洗いうがいしたり、アルコール消毒してたり、外出自粛とか言ってたらホント滑稽。
やはり、不倫が恥ずべき行動だと自覚したほうがいいと思う。我に返ったとき虚しくなると思う。
知り合いに職場でW不倫している2人が最近独立した例があります。
2人きりのオフィスを借りて。
互いの夫と妻には内緒にしているようです。
まぁ、許しませんよね配偶が知ったら。
聞いているだけで不愉快でした。
いくらお互いに最新の注意を払っていても、どこかでホンの些細なことから発覚すると思う。
背広のポケット、会社からのタレコミ、近所の目撃情報などなど。

マスクしても目立たないから今はやりやすいかもね、調査する方もされる方も。

コロナ禍の中でまさに命がけですね。
でもここまで腹くくって不倫しているならもう何も言う事なし。
ま、そもそも不倫なんて他人が口を挟むもんじゃないからね。
ご勝手にどうぞ。
緊急事態宣言中不要不急の調査でない物もあるだろうに。
需要が減らないとは、調査する人は怖かっただろうな。
探偵が不倫を見分けるポイントは、両者が
マスクをしていない点である。夫婦ならマスクをしている。
探偵を雇う地点で夫婦関係は崩壊してると思うけど、慰謝料を取るために探偵雇うの?でも探偵高いしな。わからない。
中小企業なら一社に一組、
大企業なら一部署に一組は必ずいると思う。
でも100パー破滅していくので笑える

最近、家に居て、妙に奥さんがイライラしてたら浮気疑った方がいいよ。

コロナの歴史とともに、コロナ離婚とコロナ不倫は永遠に語り続ける事だろう。

自粛中は不倫も自粛なのでは?でも検事長が賭け麻雀に出かけるぐらいだから不倫したい奴はどんなことしても不倫する?
すごいですね。
不倫する人はコロナ時代でも不倫するんだね。
なんで不倫するか理解できない。
離婚して不倫相手と再婚すればいいじゃん。
本当に理解できない不倫者たち。

 

スポンサーリンク
コメントを残す

関連キーワード