コロナで廃業「老舗」「飲食店」が語る無念
スポンサーリンク

スポンサーリンク

コロナで廃業「老舗」「飲食店」が語る無念

 

固定資産税を免除して下さい。
老舗でなくて一般住宅でもコロナ禍で支払いが厳しい人が大勢います。
一旦集めた税金をばらまくより、こういった免税の方が効果的です。
今、店を閉められる経営者は、比較的キャッシュがある人なんでしょう。
キャッシュが無ければ、店も閉められず、借金だけが雪ダルマ式に増えて。。。
追い込まれた人が間違った選択をしない事を祈るのみです。

国民年金も例年通りしっかりとゴールデンウィーク前に引き落としていたし、固定資産税も例年通りに請求が来るんだろうけど、それをほったらかしにして、バイト収入が無くなった学生に追加支援だとか、有り得ない考え。

こういう状況の時こそ血税のバラ撒き無駄遣いを止めて、日常生活の生活の維持に直接的な効果のある減税なり、免税なりを実施すべきじゃないかのかね

固定資産税と自動車税。この時期、必ずやってきます。今年に限り、減税か免税にすれば良いとおもうが。

しかし突き詰めればやはり、税金が高いという事に行き着きますね。

ずっと続いてきた老舗が閉店に追い込まれる一つの原因が税金だなんて悲しすぎる…。

10万円給付はたしかにとてもありがたいけど、納税者の負担を減らしてくれる方がいい。
現金給付だと計算高い外国人にも渡ってしまうし、免税の方がありがたい。

本当に大変なのはこれからだ。
もし、最長2年コロナ騒ぎが続くと仮定するのであれば、今現在売上の立っていない会社はみんな潰れてしまう。
最悪のケースを想定して経営をするのであれば、閉めるのが正解だと考える経営者が増えている。
そこをどう踏みとどまらせるか、国に上手く立ち回って貰うしかない。

税金の支払いはちゃんと来るくせに、いざ給付金となると支給が遅い。飲食業を問わず財務体力の無い個人店、企業は潰れてしまう。個人店、中小零細企業に関しては税金を大幅減税しても良いと思う。

いつ解除されるかも分からない自粛要請とかに耐えて
毎月家賃やら固定費で無駄に資産を減らし続けていくより
見切りをつけて廃業した方が出費が減って資産も残せる分
まだマシって感じなのかな

周りを見渡すと自粛自粛とうるさく言ってるのはもはやマスコミと政府だけ。政府は、マスコミがうるさく言うから仕方なく慎重に対応している。そしてマスコミは恐怖ばかり煽って視聴率を稼ぎ、なんの責任も取らない。

結局コロナで何人死んだのか?日本では毎年10万人が肺炎で死んでいる。コロナの死者数など日本全体で見れば統計誤差の範囲だ。結局、餅に喉を詰まらせて死ぬ死者数すら超えることがなかったではないか。

このような本来社会が許容してきたリスクに対して過剰反応した結果、多くの人が自分の店と職を失う結果となった。マスコミに対して損害賠償請求が必要だ。

介護施設ですが主人から今さっき、
「経営があぶない」と…
デイサービスが100人規模だったのですが
コロナで解散になってしまったので…

まぁまぁ大きな法人でもそんな話しです
からね、給料減るのは覚悟してますが、
それでなくても介護は収入が低いのに…
かなしくなるなぁ…

それでも前を向いて、私に出来ることは
パートして家計を助けて、外食に頼らない
ように家事を頑張るしかない。
当たり前の事なんだけどもうちょっと今まで
より頑張らないといけない。

本当に10万円の支給よりもいろいろな税を
減らして欲しい…
これから何年もコロナの影響は経済的に
響くでしょうね。

ここ何年かで一番、国に失望しましたね。
もともと期待してはいなかったけど…

保障保障って言うけど、そんな簡単にできることじゃないと思う
財源の問題から実際の配布方法、不正対策とかやらなきゃいけないことは多い
政府のリソースだって限られてるんだから何でもかんでも望むようにはいかないよ
自粛がネックになっていると思うけどね

無念・・・察するに余りある言葉ですね。

行きつけの2人で切り盛りしていた居酒屋も、バイト入れて4人の居酒屋も廃業しました。
お二方とも高齢だったのと、お金云々も有りますが政府の出口戦略と言うよりはこの先のコロナの影響に心が折れたそうです。
仮に損失を補填してもらって再開してもまた、休業しなければいけないのか?そう思うと心が付いてこなかったそうです。

頑張っている方も多いと思いますが・・・
心の声は大事にして欲しいと思います!

確実なことは3つ。

・現時点で廃業を決意する事業主は、高齢などによりそもそも持続化への意志が弱く、コロナ禍が廃業のトリガーとなっただけである

・飲食業に限れば、経営者は「客の気まぐれによる」水商売であることを認識しており、稼げる時に稼ぎ、そうでない時は嘆かないという覚悟を既に持っている

・いま国が行っているセーフティネット貸付や持続化給付金の支給ハードルは恐ろしく低い。この手続が煩雑だ書類が揃えられないと思う「経営者」は、そもそも法人や個人事業主の体をなしていないか、どこぞの芸人のようにきちんとした届出をしていない人々である。

固定資産税免除の話もありますが、
持っている財産に対して税金を払うのは当然で、
固定資産税を免除するのは
資産を保有してない人もいるので公平でない。
だから、むやみに固定資産税を免除するべきではありません。

反対にチャンスです。今生き残ればライバル競合は少なくなります。頑張りましょう。

給付金よりも早く自動車税や固定資産税の支払い通知が来た。
決まっているものだから早いのはわかるが
まるで馬鹿にされている気分になった人も少なくないのでは。
ギリギリまで延滞すれば給付金が入りそれで補填程度は出来るだろうが
やはりこういった税金の免除の方が助かる方々が多いと後になって気づいた。

給付金よりも早く自動車税や固定資産税の支払い通知が来た。
決まっているものだから早いのはわかるが
まるで馬鹿にされている気分になった人も少なくないのでは。
ギリギリまで延滞すれば給付金が入りそれで補填程度は出来るだろうが
やはりこういった税金の免除の方が助かる方々が多いと後になって気づいた。

スポンサーリンク
コメントを残す

関連キーワード