なぜ人数が多い場所に行くのは避けるべきか「イベント中止 コロナウイルス コンサート」する事の重要性
スポンサーリンク

ここ最近、色々なイベントの中止が続いています。

音楽イベントが中止されたと、ニュースなどで耳にする事もあるでしょう。

イベントが注視される主な理由は、コロナウィルスです。

基本的には、あまり人が多い場所には行かない方が無難です。

スポンサーリンク

人が多い所は感染率も高い

人数が多い場所は、何が潜んでいるか分かりません。

身の安全を重視したいなら、やはり人が多い場所は避ける方が良いでしょう。

例えばインフルエンザです。インフルエンザなどの病気は、うつってしまう性質があります。

Aさんがくしゃみをして、Bさんが感染してしまうケースは多々あるのです。

人が多い場所は、感染者の人数も多くなる傾向があります。

それだけ感染率も高まってしまいますし、人が多い場所は避ける方が無難です。

もちろんインフルエンザだけではありません。

コロナウィルスも注意を要するでしょう。

やはり人が多い場所では、感染者の人数も多くなる傾向があります。

そもそもコロナウィルスは、飛散してしまう性質はあります。

電車の吊り革やくしゃみなどを通じて、ウィルスが飛散してしまう訳です。

人数が多い場所ですと、ウィルスが飛散している可能性も大いにありますし、

あまり行かない方が良いのです。

スポンサーリンク

イベント会場は避ける方が無難

ところで冒頭でも触れた通り、今や色々なイベントが中止されています。

現にコンサートの会場などは、多くの方々が詰めかけているでしょう。

どうしても感染率は高くなります。

イベント会場は、あまり足を運ばない方が無難です。

コロナウィルスが落ち着くまで避けるべきでしょう。

もちろんイベント会場だけではありません。

都会エリアも人が多いですし、満員電車も要注意です。

基本的には、インフルエンザ対策と同様です。

インフルエンザになるのを防ぎたいなら、あまり人数が多い場所には行かない方が良いでしょう。

コロナウィルスも、そこは同じなのです。

スポンサーリンク

どうしても会場に行く時はどうすれば良いか

ただ人によっては、どうしても人数が多い場所に行かざるを得ない事もあります。

そもそもイベントを運営する方々としては、会場に足を運ぶことになるでしょう。

その場合、やはり手洗いを徹底すべきです。

マスクを着用しても、コロナウィルスを完全ブロックできる訳ではありません。

患者がマスクを着用するのは有効ですが、それでウィルスを防げる訳でもないのです。

むしろ手洗いの方が大切です。

公的機関のサイトでも、こまめに石鹸の手洗いを行えば、

ウィルスに感染するのを防げると明記されています。

イベント会場などに足を運ぶ時は、なるべく細かく手を洗う方が良いでしょう。

新型コロナウイルスに関するQ&A

令和2年2月27日時点版

参考交際労働省

 

 「コロナウイルス」とはどのようなウイルスですか?
ここまで人を感染させている「コロナウイルス」は7種類に引っかかります、そして、内部の1つはこの12月の後の問題になっているいわゆる「新型のコロナウイルス」(SARS-CoV2)です。
これらのうち、4種類のウイルスは一般的な風邪の原因の10-15%(季節の35%に関しては)を占めて、だいぶ軽いです。
2種類の残りのウイルスは、2002年に起こった「重症急性呼吸器症候群」(SARS)と2012年以後起こっている「中東呼吸症候群」(MERS)です。
コロナウイルスはあらゆる動物を感染させます、しかし、種類で異なる他の動物を感染させることは珍しいです。
そのうえ、私がアルコール殺菌(70%)によって感染症力を失うことが知られています。
新型コロナウイルス感染症にはどのように感染しますか?
現時点では、2種類の感染症があります。飛沫感染と接触感染です。
(1)液滴感染ウイルスは、感染した人の液滴(くしゃみ、咳、つばなど)とともに放出され、他の人は口や鼻からウイルスを吸入して感染します。
*感染に注意する必要がある場合:屋内などで一定の時間を過ごし、互いの距離が十分でない場合。
(2)接触感染感染者が自分の手でくしゃみや咳をした後、周囲の物体に自分の手で触れると感染者のウイルスが発生します。 非感染者がその部分に触れると、感染者のウイルスが非感染者の手に付着し、感染者に直接接触することなく伝染する可能性があります。
*感染した場所の例:電車やバスのストラップ、ドアノブ、エスカレーターの手すり、スイッチなど
新型コロナウイルスはペットから感染しますか?
新しいコロナウイルスがペットなどの動物に感染した事例は見つかっていません。 また、動物を感染させる感染症もありますので、動物との接触後は必ず手を洗い、消毒用アルコールで消毒してください。
感染を予防するために注意することはありますか。心配な場合には、どのように対応すればよいですか?
まず、一般的な感染症対策と健康管理のための対策を講じてください。
具体的には、石鹸で手を洗うか、アルコールを手にこすりつけて消毒し、できるだけ混雑した場所を避けてください。 十分な睡眠をとることも重要です。
また、人込みの多い場所は避けてください。 お互いの距離が十分でない状況で屋内で一定の時間を過ごすときは注意してください。
濃厚接触とはどのようなことでしょうか?
人が密接に接触しているかどうかを判断する際には、短距離と長時間という2つの重要な要素があります。 必要な予防措置を講じずに触れた場合、または一定の時間(約2メートル)の距離で互いに接触した場合、その人は密接な接触者と見なされます。
New Coronavirus Infectious Disease Control Experts ‘Meetingでは、近くにいる人々(互いに接触することで到達できる約2メートルの距離)の人々との接触が、会話などで一定時間以上続きました。 それらの間で交換されると、感染拡大のリスクが高くなります。
新しいコロナウイルス感染制御に関する専門家会議の意見については、
マスクをした方がよいのはどのような時ですか?
マスクは、咳やくしゃみの飛散や、咳やくしゃみに含まれるウイルスなどの病原体の飛散を防ぐのに非常に効果的です。 咳やくしゃみなどの症状がある人は、マスクを積極的に着用する必要があります。
あなた自身の予防のためにマスクを着用することは、特に屋内や車などの換気の悪い場所での混雑した地域での予防策と考えられていますが、屋外ではあまり混雑していません。 マスクを着用している、予防効果はそれほど認識されていません。
熱や咳があります。どうしたらよいでしょうか?
発熱などの風邪の症状がある場合は、仕事や学校から休憩を取り、外出やイベントへの参加を控えてください。安静は自分にとって良いことであり、感染の拡大を防ぐのに役立つ重要なアクションです。そのためには、会社と社会全体が理解する必要があります。厚生労働省および関連省庁は、従業員が休憩できる環境を作ることが重要であると考えており、改善に協力するよう労使組織や企業に依頼しています。
咳などの症状がある場合、咳やくしゃみを手で押さえると、その手が触れたドアノブなどの周囲にウイルスが付着し、ドアノブなどを介して他の人に病気が広がる可能性があります。咳エチケット。
現在、発熱などの風邪の症状は、主に新しいコロナウイルス感染以外の病気によるものです。風邪やインフルエンザにかかった場合は、以前と同様に近くの病院に相談してください。
新しいコロナウイルスに感染している心配ある場合は、最寄りの保健所にある「帰国者と連絡センター」に連絡してください。特に、先日「相談・受診の目安」として発表した以下の条件を満たしている場合は、センターにご相談ください。
・37.5度以上の風邪や発熱の症状が4日以上続く場合(解熱剤を服用し続ける必要がある場合を含む)
・高齢者、基礎疾患(糖尿病、心不全、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患など))を含む、または免疫抑制剤または抗がん剤を使用している透析を受けている人など、強い弛緩(倦怠感)または息切れ(呼吸困難)がある場合
・37.5度以上の風邪や発熱の症状が約2日間続く場合・強い弛緩(倦怠感)または息切れ(呼吸困難)がある場合
新型コロナウイルスへの感染が心配される場合、直に医療機関を受診しないように、複数の医療機関を受診することを控えるように、とされているのはなぜでしょうか。?
第一に、風邪の症状、発熱、眠気、息切れなどの症状があっても、インフルエンザなどの新しいコロナウイルス感染以外の圧倒的に多くの病気が現在あります。風邪やインフルエンザにかかった場合は、以前と同様に病院に相談してください。
一方、新しいタイプのコロナウイルス感染の疑いがある人は、「帰国者/コンタクター相談センター」にある「帰国者/コンタクター外来センター」に紹介されます。これらの外来患者のいる医療機関を受診せずに訪問すると、コロナウイルス感染症にかかっていない場合、感染するリスクが高くなる可能性があります。
新しいコロナウイルスの感染が心配な場合は、まずセンターにご相談ください。 「帰国者/接触外来」を導入した医療機関は公開されていません。これは、2009年のパンデミックインフルエンザの流行中、一部の県では特定の医療機関で外来患者が殺到し、緊急患者への対応に時間がかかるという事実によるものです。 。緊急性を必要とする人(例えば、集中治療を受けている重病患者)に優先権を与える必要があることを理解してください。
スポンサーリンク
おすすめの記事