「ファクタリングとは」なぜローンよりファクタリングの方がおすすめなのか
スポンサーリンク

ファクタリングは、金融関連のサービスになります。

早く売掛金を現金化できるメリットは大きいですが、ローンと混同している方も多いです。

ファクタリングは、ローンとは全く異なります。

お金を借りるサービスではなく、あくまでも現金化する事になるのです。

今回は、早く資金を確保したい方に向けて、ファクタリングと融資の違いを解説しました。

ローンによる資金確保とそのデメリット

設備投資したい時などは、早くお金を確保したくなる事があります。

業務効率を高めるために、速やかに予算を確保したい事もあるでしょう。

そうかと思えば、人件費もあります。

従業員にお金を支払う必要があり、早くお金を確保したいと思っている方も多いです。

速やかにお金を確保したいなら、ローンという選択肢も一応あります。

銀行に相談している方も少なくありませんが、もちろんお金を借りる事になるのです。

万が一遅延になってしまいますと、

銀行からの信用が失われる可能性もありますから、注意を要します。

それとローンは、審査も受ける事になるのです。

銀行に申し込みした時には、会社の資金状況などを確認されます。

万が一税金などを滞納していると、審査で落とされてしまう事もありますから、注意が必要です。

スポンサーリンク

ファクタリングで売掛金を現金化する

ところで資金を確保する方法は、何もローンだけではありません。

冒頭でも触れたファクタリングという選択肢もあるのです。

そもそも多くの企業は、たいてい売掛金を抱えています。

ただ売掛金は、支払われるのは時間がかかってしまうケースも多いです。

半年後や1年後になるケースも、少なくありません。

しかしファクタリングという商品なら、その売掛金を買い取ってもらう事もできます。

手数料はかかりますが、スピーディーに売掛金を現金化できるメリットは大きいです。

スポンサーリンク

ファクタリングは融資を受ける訳ではない

ところでファクタリングは、お金を借りるサービスではありません。

あくまでも企業の売掛金を買い取ってもらう事になるので、

金融会社に対して返済する訳ではないのです。

ですからファクタリングには、返済期限や遅延損害金はありません。

信用情報も記録されないのです。

銀行からお金を借りてしまうと、プレッシャーを感じてしまう方も少なくありません。

その点ファクタリングはお金を借りる訳ではないので、ローンよりは気楽という声もあります。

スポンサーリンク

ファクタリングの審査

それとファクタリングは、審査も比較的通りやすい傾向はあります。

そもそもファクタリングの場合、資産状況などを審査する訳ではありません。

経営や資産状況というより、むしろ売掛金の健全性を審査されるケースが殆どです。

ですから税金の未納などは、あまり関係ありません。

税金の支払いが滞っていると、ローンの審査で落とされてしまう事も多々ありますが、

ファクタリングは関係ありません。

以上の点を考慮すると、ローンよりはファクタリングの方がおすすめです。

スポンサーリンク