「高温多湿に弱い」新型コロナウイルスの生存時間は湿度と温度 がある状態になるとウィルスの活動が収まる!予防方法と新型コロナウイルスの弱点と取り組める対策について
スポンサーリンク

中国で新型コロナウイルスの事件が騒がれてから

未だ収束する見通しが立たずに毎日私達を不安にさせるばかりですが、

 

 

 

そんな新型コロナウイルスには弱点はないのでしょうか?

 

普段テレビから流れてくる基本的なケアの方法もありますが、

もしそれ以外にも普段の生活で気をつける事や、

また自主的に取り組める事があるのであれば知っておきたい所です。

 

 

新型コロナウイルスの特徴や対策、予防方法

そして弱点について少しでも皆さまの心的ストレスと

新型コロナウイルス感染のリスクに対しお役立ちができればと思います。

新型コロナウイルスの現在周知されている対策や予防方法

 

 

先ず現在私たちが周知している新型コロナウイルスのケア方法についてですが

基本的な感染症の対策ではありますが手洗い、

うがい、マスクの着用、咳エチケット等が推奨されています。

 

 

 

特に手洗いについては単純に流水と石鹸による手洗いだけでは

新型コロナウイルスを落としきれませんので手に残ったウィルスや細菌を除去する為に

アルコールで手や指を消毒する事が予防方法に有効になります。

 

 

 

次にマスクの着用についてですがマスクを付ける目的は咳やくしゃみによって飛沫が飛び、

その中にはウィルス等の病原菌が含まれている事がありますのでそれらをケアする為には有効となります。

 

 

 

特に人混みが多い場所や電車、屋内等では有効となりますが、

屋外等人が少ない場所や換気の必要が無い位に風通しが良い場所であれば

マスク着用の効果はあまり無いと言えます。

スポンサーリンク

新型コロナウイルスの生存時間について

次に気になる新型コロナウイルスの滞在時間についてご説明させていただきたいと思います。

 

ここで是非皆さまの知識に留めておいて頂きたいのがウィルスは

 

 

空気中であれば生存時間は約3時間程度となりますが、

 

しかし銅製品の表面だと約4時間そしてダンボール等の厚紙の表面だと24時間、

 

更にはプラスチックやステンレスの表面だと2~3日間に亘り生存する事が分かっています。

 

 

 

 

これらの事を踏まえて私達の日常生活を考えてみると

人同士の接触も必要最低限に気をつけないと行けませんが、

でもお仕事やプライベートにおいて紙を触る機会であったり

プラスチック類やステンレス類の素材に触る機会が多いと思います。

 

 

 

なので対人については十分に気をつけていたのに何故か

新型コロナウイルスに感染してしまったと言う事もあり得ますので、

この様な事からも新型コロナウイルスをケアする為には

上項でお話しをさせていただいた手洗いが普段以上に必要になって来るのです。

 

この記事の動画版です

 

スポンサーリンク

新型コロナウイルスの弱点

その一方で新型コロナウイルスの弱点がある事も明らかになっています。

 

とっても気になるテーマだと思いますが、

 

実は単純明快であり「湿度に弱い」と言う事です。
具体的な検証として加湿器を使って湿度50%、華氏72度(摂氏22.22度)

の状態になるとウィルスの活動が収まると言う事が判明しています。

 

 

 

ですので猛威を振るう新型コロナウイルスとは言え他の

感染ウイルスと同様の弱点があると考えれば少し気持ちが楽になります。

 

 

では人に感染し難い梅雨の時期まで自然収束するのを待たないといけないのか?

と言うと実はそんな事は無いのです。

 

 

 

どの様な知恵を働かせればこの季節でも新型コロナウイルスから

身を守る事ができるのかと言う事を次項目でお伝えいたします。

スポンサーリンク

自らできる新型コロナウイルス対策

上項で述べた新型コロナウィルスの弱点をベースに考えると

従来の手洗いとマスク着用のケア方法に付加をして私たちが積極的にできる幾つかの対策があります。

 

先ず職場環境についてですが既にお話しをした通りに新型コロナウイルスは湿気に弱いので

人工的に高温多湿の状態を作り出すと言う事が有効です。

具体的には気温25度、湿度55%にして汗を掻きながら職場での感染を軽減させると言う方法があります。

ちょっと無理があるかも知れませんが、

でも手洗いとマスク着用に加えて感染する場所となる喉の部分に夏を作ると言う事になります。

 

 

ただ確実にこの方法は喉が乾くと思いますので小まめに水分補給を行う様に致しましょう。

また、暖房等で部屋全体を暖かくするのが厳しいと言う場合にはハイネックのシャツを利用して

喉にカイロを当てる様にします。

こうする事で喉は正に夏の状態となります。

 

 

またこの方法の問題点は人によっては低温火傷になってしまう方もいますので防止する為には

高温にならないカイロを選ぶ様にするかカイロと喉の間にハンカチやタオルを敷く様にすると良いでしょう。

新型コロナウイルスまとめ

如何でしたでしょうか?

 

 

新型コロナウイルスの特性や弱点が分からずに日々のニュースを見ながらただ怯えていた方は

今回の記事を読んでいただいて「高温多湿に弱い」と言う弱点をご理解いただけたかと思います。

 

 

 

また「自らできる新型コロナウィルス対策」については

職場の方も達と相談して頂いて試せる様でしたら是非ご無理のない程度に取り組んで見ると良いかと思います。

 

 

 

 

またこれらの努力が一日でも早い新型コロナウィルスの収束にお役立ちができれば幸いと思います。

 

 

Abstract
This paper investigates how air temperature and humidity influence the transmission of COVID-19. After estimating the serial interval of COVID-19 from 105 pairs of the virus carrier and the infected, we calculate the daily effective reproductive number, R, for each of all 100 Chinese cities with more than 40 cases. Using the daily R values from January 21 to 23, 2020 as proxies of non-intervened transmission intensity, we find, under a linear regression framework for 100 Chinese cities, high temperature and high relative humidity significantly reduce the transmission of COVID-19, respectively, even after controlling for population density and GDP per capita of cities. One degree Celsius increase in temperature and one percent increase in relative humidity lower R by 0.0383 and 0.0224, respectively. This result is consistent with the fact that the high temperature and high humidity significantly reduce the transmission of influenza. It indicates that the arrival of summer and rainy season in the northern hemisphere can effectively reduce the transmission of the COVID-19.

この論文では、気温と湿度がCOVID-19の伝送にどのように影響するかを調査します。 105組の感染者における、COVID-19の発症間隔(serial interval)を推定した後、40以上の発症例がある、中国の100都市すべてについて、1日の実効再生産数R(effective reproductive number)を計算します。

2020年1月21日から23日までの1日のR値を非介入感染強度の代数として使用すると、100の中国の都市の線形回帰分析で、高温と相対湿度がそれぞれCOVID-19の感染が大幅に減少することがわかります、人口密度と都市の一人当たりGDPを補正した後でも。温度が摂氏1度上昇し、相対湿度が1パーセント上昇すると、Rがそれぞれ0.0383と0.0224低下します。この結果は、高温高湿がインフルエンザの伝播を大幅に減らすという事実と一致しています。北半球に夏と雨季が到来すると、COVID-19の伝播を効果的に減らすことができることを示しています。

COVID-19関連まとめ

高温高湿によりCOVID-19の感染が減少
26ページ 掲載:2020年3月10日
王京源
北漢大学(BUAA)

ケタン
清華大学社会科学院経済研究所

カイフォン
北漢大学(BUAA)

if峰Lv
北漢大学

作成日:2020年3月9日

スポンサーリンク