「退職代行 exit」退職代行の増加はなぜ?若者が退職する前に考えておくべきこと。
スポンサーリンク

スキルの向上と収入を目指し転職する方は良いですが、

ブラック企業から逃げたいと思うため転職を選択する人もいます。

ブラック企業と退職代行サービスの利用の変化のエピソード、

未来のある20~30代は、今後の働き方を見直すべき時期です。

そして令和の若者が退職代行サービスで対応している業務内容や

トラブルのリスクをチェックも重要なポイントです。

退職代行サービスのNEXT【supported by 豊楽法律事務所】

退職代行 exitとは?

様々な理由により現在の職場を退職したい、でも辞めさせてもらえない。

そんな退職希望者の意思を、代わって代行してくれるサービスです。

このサービスは2018年、株式会社EXITによって創立されました。

退職代行はなぜ増えている?

退職代行の依頼が増えている理由は2つあります。

会社の実情がブラックであること、パワハラの2つが理由です。

会社がブラックなのは、入社して仕事をしてみなければわかりません。

仕事を始めてみて、残業続きや持ち帰り業務、休日返上などがわかります。

しかし会社の皆がそうしているため、苦痛でも働かざる負えないのです。

パワハラはその実情から、退職を告げたときなどに起きます。

ブラックなゆえに、情に訴えて引き止めを図ったり、脅したりするのです。

これらの圧力を避けて退職するため、代行を依頼する人が増えています。

スポンサーリンク

退職代行の特徴と注意点

退職代行はその名の通り、退職したい人の意思を代行してくれるサービスです。

特徴はなんといっても、依頼人の意思をすぐに反映してくれることです。

退職をしたい人物はたいがい、1分1秒でもそこに居たくないといいます。

明日すぐにでも辞めたいのです。

退職代行なら、本人に代わって企業に退職の意思を伝えてくれます。

早ければ、明日にでも出社しなくて良くなるのです。

ただ、注意点として事前に退職の意向を人事や上司に伝達しておく必要があります。

これは労働基準法、及び民法で定められています。

その意志表明は、最低でも2週間前にしておきましょう。

退職代行サービスのNEXT【supported by 豊楽法律事務所】

スポンサーリンク

退職代行を利用するメリット

退職代行を利用するメリットは、なんといっても退職の意思を貫けること。

代行を依頼するのは、会社側が退職を承諾しないのが理由です。

それを第三者である業者が伝達してくれる、これがメリットです。

スポンサーリンク

退職代行を利用するデメリット

持ち出し費用が発生します。

退職代行はサービス業者ですから、退職をするために依頼費用がかかります。

代行するだけであること。

依頼者が退職できるよう、代わって企業に伝達するのが仕事です。

退職に伴うトラブルがあっても、解決に動いてはくれません。

オプションは期待できないのがデメリットです。

退職代行サービスの選び方

退職代行を利用して退職したい、それにはどういすればいいのでしょうか。

代行業者を選ぶポイントは3つあります。

退職代行の成功実績が豊富であること。

労働問題に対処できる、法律の専門家が定席していること。

代行後のアフターフォローがあること、の3つです。

それぞれ説明いたします。

退職代行の成功実績がたくさん。

代行実績が、ホームページ上などに掲載されている業者が望ましいです。

というのは格安代行を謳い、詐欺行為を働く怪しい業者もいるからです。

代行業者が法律を扱えること。

労働問題が発生する可能性があります。

場合によっては契約違反や損害賠償請求という場合もあるからです。

弁護士など、法律の専門家がいる業者が良いでしょう。

退職代行だけで終了しないこと。

退職が成功したなら、それで終わりにしない。

良心的な業者は、退職後の再就職支援もおこなってくれるところがあります。

一身上の都合とはいえ、明日の糧を失うのですから良い業者に助けてもらいたいですね。

退職代行を成功させるためのコツ

退職をスムーズに代行してもらうために、事前に準備をすべきです。

そのコツは主に2つ。

法律上の問題解決とトラブル回避のための証拠集めです。

法律上の問題とは、退職の意向を会社側に表明しておくことです。

前述したとおり、2週間前までにはその意思を伝えておきましょう。

意思を伝えておくことで円滑な退職ができます。

トラブル回避のための証拠集めとは、退職理由となる原因の証拠を保存することです。

たとえば、セクハラやパワハラの事実を書類やボイスレコーダーに保存しましょう。

こういった事前の手続きや証拠は、あなたの武器になります。

会社側が退職に対し、意義を唱えても立派な退職理由となるのです。

 

退職代行サービスのNEXT【supported by 豊楽法律事務所】

退職代行を依頼するまでに考えておくべきこと。

退職という行為は、言うまでもなく仕事を失う行動になります。

その決断は、後々までの影響を考えて行う必要がありますね。

第三者を通して退職の意思を伝えるのですから、リスクは覚悟せねばなりません。

では、どのようなリスクが予測されるのでしょう。

退職後のリスクとは

一番なのは次の転職先です。

転職先に目星をつけておくことが大事です。

都市部ならば、贅沢をいわなければ転職先を見つけることは容易でしょう。

しかし、道府県によって実情は違ってきます。

転職に寛容な世の中になってきていても、まだ地方は考えが古いです。

転職が待遇を悪くすることは、地方ではまだあります。

次に、妨害や嫌がらせです。

妨害や嫌がらせというのは言いすぎかもしれませんが、可能性があります。

それは突然退社したあなたに対し、必要書類をよこさないというもの。

書類というのは、再就職に必要な書類、離職票です。

この離職票は転職をする場合、ハローワークに提出しなくてはなりません。

この書類が無いと雇用保険の手続きができないのです。

まれなケースですが、代行で離職された方で、会社に来て理由をいわないと渡さない。

そう脅された、ということがあるそうです。

退職代行を利用する方は、ブラック企業に努めている人が多い傾向です。

こういった職場では、退職までにいろいろな出来事があるといいます。

後を引かない、スッキリとした離職のためにもリスクを考えておきましょう。

退職代行まとめ

退職代行は、退職希望者に代わって退職を企業に伝えるサービスです。

このサービス利用者は増えていて、理由は企業側がブラックでパワハラがあるためです。

退職代行利用をスムーズに行うために、退職の意向を2週間前には通告しましょう。

最低限これをすることで、明日から出社しなくて良くなるのです。

業者選びは実績と法律を扱えること。またアフターフォローを基準に選びましょう。

代行をお願いする前には、リスクも考慮します。

これらを踏まえれば、あなたの退職はカンタンでリスクのない良いものとなるでしょう。

退職代行サービスのNEXT【supported by 豊楽法律事務所】

スポンサーリンク
コメントを残す

関連キーワード