脊髄損傷者の屈筋痙性(痙縮)に対するリハビリアイデア
スポンサーリンク


脊髄損傷の方の中内は屈筋痙縮が見られ、立ち上がりや移乗動作の解除の困難さを示すことがあります。

体幹、股関節の屈筋の長さをしっかりと作る
体幹の回旋と下肢の伸展を促す
股関節の分離性、体幹の分節性と共に荷重する支持面からの床反力をうけとれる

この辺がアイデアになります。

ホームページ : https://rehaplus.jp
Twitter : @rehaplus
Instagram : rehabilitation_plus

スポンサーリンク
コメントを残す