引っ越し業者はどうやって選ぶ。最短30秒で引越し一括見積もり。引っ越し業者について
スポンサーリンク

数年前、某テレビ番組で引っ越し業者が集まって技術を競う番組がありました。

「引っ越し業者ってこんなに沢山あるんだ」と驚きました。

沢山あるとどの業者を選ぶか迷います。

そこで自分に合った業者を選ぶ秘訣とお得な利用法などをいろいろと挙げてみました。

  • アリさんマークの引越社サカイ引越センターアート引越センタークロネコヤマト引越センター
  • 日通アーク引越センターハート引越センターSg moving
  • ダック引越センターハトのマークカンガルー引越便名鉄引越便ファミリー引越センター高田引越センター人力引越社
  • アクティブ感動引越センターフクフク引越センター町の引越屋さんスター引越センターケーエー引越センターアップル引越センター引越のプロロ



・引っ越し業者はこう選ぼう

引っ越し業者を選ぶ時、何をポイントにしますか。

「料金」、「知名度」、「安心感」に「サービスの充実」を中心に選んで行くはずです。

「料金」は引っ越しの費用をおさえるために何社か比較しておくことが大切です。

何故なら、引っ越し業者によって料金は多少、違いがあります。

例えば、何社か比較した結果、引っ越し費用をおさえられた人もいます。

大体、3社程度で料金を比較すれば相場が分かります。

それでも、その倍の6社で見積もりを取るべきです。

理由は引っ越しの見積もりは明確な相場がないからです。

それに引っ越しには繁忙期とそうでない場合があります。

当然、繁忙期には料金が高めに設定されています。

ほかにも引っ越し業者は「地域に根ざした地場の業者」の確認も必要です。

スポンサーリンク

・大手の引っ越し業者に人気が集まる理由

アリさん、サカイなど大手多数。100社以上から10社一括お見積り

ずばり、信頼度が大きいからです。

大手といえば大体、3社くらいは簡単に挙げることができます。

人気があるのは大手の場合、全国で展開しています。

大体、自分の大事な家具をあずけるのだから当然、信頼のおける業者に頼むべきです。

さらに荷物を運び出すためにスタッフを自分の家にあげることになります。

人柄のいいスタッフなら荷物を最後まで責任をもってくれます。

大手の場合、老舗が多いので引っ越しの実績が高いです。

引っ越しは100人が同じ内容ではありません。

当然、一件ごとに引っ越し事情は違ってきます。

それでも、大手の場合、沢山の引っ越しを経験しているので様々な局面に対応できます。

誰もがスムーズに引っ越しをしたいのでどんな時でも即座に対応してくれる業者を選ぶはずです。

スポンサーリンク

・安さで引っ越し業者を選ぶなら

引っ越し費用をできるだけ切り詰めたいと考えていますか。

先に記載した通り、何社か見積もりをとって一番、安く提示している業者を選ぶだけです。

ただし、「ほかのところでこんな見積もりになったよ」と見せたら料金を下げてくれるかもしれません。

ほかにも同じ距離、同じ荷物、同じ業者でも引越し料金は変わることがあります。

結論からいうと引っ越しを安くしたいなら何社か見積もりを受けるのがベストな方法です。

 

スポンサーリンク

・引っ越し業者には特徴がある

引っ越し業者はどこも同じではありません。

大体、どこも同じならこんなに沢山、引っ越し業者が存在していないと思います。

例えば、A社は料金が安いけど、B社のスタッフの対応がいいというようなことです。

安くなるのもいいけれど、スタッフの対応がいいからB社を選ぶという人もいるはずです。

そこで人気のある引っ越し業者のそれぞれのいいところを調べてみました。

引っ越しの時、大切な家財を丁寧に扱ってほしいなら「アート引越センター」がいいと思います。

理由は大手だというのも一番の理由です。

特に女性スタッフが搬入や搬出を行う「レディス・パック」に注目が集まっています。

最近は女性の一人暮らしも増えています。

女性スタッフなら安心して引っ越しを任せられます。

それに女性ならではの細やかなサービスで満足のいく引っ越しができるはずです。

とにかく、安く引っ越しをしたいなら「ハート引越センター」がおすすめです。

引っ越しには繁忙期と通常期があります。

ハート引越センターなら繁忙期でも安くなる場合があります。

特に直営のサービスセンターを全国32ヶ所に保有してるのでサービスの品質も保証できます。

引っ越しの時、スタッフの対応がよくないと気分が悪くなりませんか。

スタッフの対応なら「サカイ引越センター」が一番です。

注目は引っ越し作業後に無料で行ってくれる「10分間サービス」です。

内容は10分間だけ、簡単な掃除に家具の配置換え、照明やカーテンの取り付けを無料で行ってくれます。

様々な要望を叶えてくれる引っ越し業者といったら「アリさんマークの引っ越し社」です。

引っ越しの時に突然、予定外の荷物があったりイレギュラーなことがあります。

何かあった時に対応してくれると助かります。

不用品の処分をはじめ、エアコンの着脱やピアノ・マイカーの輸送、ハウスクリーニングなど、多様なオプションサービスがここの魅力です。

荷造りや荷運びなどに対応してくれるなら「アーク引越センター」です。

荷物の中には丁寧に運んでほしいものがある場合があります。

特にガラスや食器、割れやすいものも引っ越しの荷物に入っているはずです。

引っ越し先で荷物を開けたら一部破損していたら大変です。

しっかりとした保護や養生が必要となります。

そこで「作業員の対応」・「作業スピード」では「アーク引越センター」のスタッフには定評があります。

自社でオリジナルの梱包資材を開発しているのでさらに安心でスピーディーな作業ができるようになりました。

・それぞれの引っ越し業者の口コミ

 

日にちを選んでカンタン料金比較!
そのまま引越しの予約も可能
引越し侍の予約サービス

各社に寄せられた口コミをまとめてみました。

「アート引越センター」の場合

アート引越センター

見積りや作業も安定館があり、満足しました。

質問や疑問点もしっかり答えてくれて品のある応対で信頼感もありました。

ダンボールやガムテープなど引っ越しに必要なモノを無料でもらえました。

予定していた作業時間より早くすみました。

急な引っ越しでも数時間後には見積もり訪問して迅速な対応で助かりました。

「ハート引越センター」の場合

 

ハート引越センター

3万円から5万円を予定していたけど、予算より安くおさまって大満足です。

即決ならその分だけ安くなったようです。

段ボールは事前に持ってくれるし足りない分は当日、用意してもらえます。

ほかのところより安くしてもらえてしかも、スピーディーです。

到着の前に電話連絡がくるのでスムーズに引っ越しできました。

荷物が増えて2回問い合わせても見積り料金そのままで運んでくれました。

「サカイ引越センター」の場合

 

サカイ引越センター

早朝にもかかわらず、作業の説明や非常に作業の手際がよかったです。

頼めばいろいろなサービスをやってくれて感謝しています。

営業マンの人がしっかりと現場調査に来てくれるので安心です。

3社で見積もりを依頼したけど、直接訪問して見積もりして下さったのは「サカイ引越センター」さんだけでした。

作業も丁寧で悩んだ時も適切なアドバイスをもらいました。

「アリさんマークの引越社」の場合

アリさんマークの引越社

周辺への迷惑も最小限で廃棄物処理を受け付けてくれたので助かりました。

比較した結果、即決したけど満足できました。

家具の搬入から搬出までスムーズかつ丁寧で次回、引っ越しした時でも依頼したいです。

「アーク引越センター」の場合

アーク引越センター

丁寧かつスピーディな仕事ぶりで満足しました。

迅速かつ丁寧な作業と信頼できる対応で見積り価格の内訳や理由を分かりやすく説明してもらえました。

・どちらを選ぶ。大手業者と地域密着型業者の違いとは

えっ!まだ引越し見積もりで消耗してるの?【引越しラクっとNAVI】

引っ越し業者はそれぞれ得意分野があるので両方を比較して検討したほうがいいでしょう。

大手業者のメリットとデメリット

メリットは全国津々浦々、支店が存在しているので長距離の引っ越しでも安心です。

オプショナルサービスが豊富で日本各地で同じサービスが受けられます。

保証がきちんとしているので何かあった時に安心できます。

スタッフと作業車の数が多いので予約が取れやすいです。

引っ越しの繁忙期だと申し込んだのに向こうの都合が悪くて断られる場合があります。

それでも、大手だとスタッフも機材も多いおかげで繁忙期でも引っ越しができます。

スタッフの教育が行き届いているので気持ちよく引っ越しができます。

デメリットは大手だと値切りが難しいです。

「サービスは充実しているけど値切りができないなんて」という人なら大手は避けたほうがいいかもしれません。

地域密着型の業者のメリットは一人のスタッフが引っ越し終了まで面倒を見てくれます。

そのおかげであるよくある意見の食い違いがありません。

広告費をおさえているせいかその分だけ、料金が良心的です。

イレギュラーなことがあっても対応が早いです。

一番のメリットは土地勘があることです。

引っ越し先の周辺の事情も知っているので引っ越し作業もスムーズに進みます。

デメリットといえば長距離の引っ越しでは不便なことでしょう。

地域に密着しているために遠方の地域の情報に疎くなってしまうせいでしょう。

利用者が少なくて口コミなどで詳しい情報を得ることができません。

もしも、荷物が破損していた場合、補償範囲が狭くなるかもしれません。

サポートや問い合わせにも時間がかかる可能性が高いです。

・引っ越し業者を決めるまでの流れ


現住所の郵便番号

引越し先の都道府県
引越しタイプ

  • 単身

  • 家族

  • オフィス




引っ越しする前に引っ越しのタイプを確認しましょう。

さらに引っ越しのポイントをチェックが必要です。

必要な段ボールに高価なものの有無、当日までに自分ができる引っ越しの作業に引っ越しの日取りの確認です。

なるたけ、正確な数を申し込みの時に記入しておくと見積りも正確なものになります。

引っ越しのポイントをおさえておけば見積もりもスムーズに進みます。

・最後に引っ越し業者の節約術

引っ越しには業者を頼まないほうが得な引っ越しもあります。

実際、一人なら荷物もそんなにありません。

レンタカーを借りて自分で荷物を運んだほうが安いということもあります。

だけど、引っ越し先でトラブルにあったり荷物のことを考えたら業者に頼んだほうがいいです。

最近では業者のほうも単身者向けのプランも用意しています。

自分一人で引っ越しをする場合は事前にガムテープや段ボールなどを用意しなくてはいけません。

その点、業者に頼めば道具は用意してくれます。

遠方に引っ越す場合、荷物を運ぶ運送時の輸送費も馬鹿になりません。

業者に依頼したほうが経済的かもしれません。

だけど、引っ越し作業を業者に任せた結果、オプションがついて高額になってしまったこともあります。

そこで一部のみ自分で作業して節約する方法もあります。

業者をうまく利用して引っ越しすれば自分で引っ越すより簡単に引っ越しができます。

快適な引っ越しのために何が必要かよく考えて行動しましょう。

スポンサーリンク