産後クライシスとは産後の苦痛での離婚率の割合と乗り越え方と女性の産後の苦痛
スポンサーリンク

産後クライシス 離婚 割合 離婚率

産後クライシス 離婚 割合

Body Note Co.、Ltd.は1202人の産後クライシスの調査を実施し、

回答者の60%以上が夫への愛が冷めたと答えました。

さらに、「産後の危機」を経験した夫婦の40%がまだ冷めた関係を回復していないことが明らかになりました。

60%以上が結婚後に冷めた関係を感じる、そのうち90%は6か月以内

夫への愛情が回復した人は56.6%で、およそ4割は愛情が冷めたままのようです。

愛情の冷めお感じ始めた時期は、産後から3か月以内が72.9%で、

産後3か月から半年以内が19.0%でした。

9割以上の母親が産後半年以内に夫婦仲の冷めを感じているようです。

スポンサーリンク

産後クライシスとは

産後クライシスとは

後一度聞いたことがあるかもしれない産後クライシスとは、

出産後の夫婦の関係の突然の冷めた関係を指します。

関係を修復できない場合、離婚につながる可能性があります。

驚くべきことに、実際にそのような「産後クライシス」を経験したカップルが多く、

調査によると、母親の60%以上がそれを経験しています。

「話を聞いてほしい。」

スポンサーリンク

産後クライシス 乗り越え方

産後クライシス 乗り越え方

それでは、夫への愛の冷めた関係を感じる原因は何ですか?

これの多くの理由の1つは、出産後も変わらない夫の態度にあるようです。

子供が2人いるにも関わらず、子供を育てて家事をすることに消極的。

または、夜泣いて眠れないにも関わらず、私の夫はオンラインゲームで一晩中起きています

産後の子供の世話に苦労しています。

話を聞いてほしい

感謝の気持ちを伝えてほしい

一緒に育児を心配してほしい

家事や育児をしてほしい

パートナーとして協力する。家事と育児に取り組んでほしいと思った。

などの意見があります。

世の中で、男性も育児休暇が認められるじだいになりましたので。

奥さんが産後クライシスにならないように、日ごろから、家にいるときには家事と育児に協力して、

奥さんの不満やストレスが溜まらないように、全力でサポートしてくださいね。

スポンサーリンク

女性の産後の苦痛

女性の産後の苦痛

女性最大のイベントは結婚ではなくって出産ではないでしょうか?

可愛いわが子を産む際の苦痛は「鼻からスイカを出すよな」痛みがあるといいますが、

子供を産んだ産後でも憂いってあるものです。

今回はそんな「産後の苦しみ」を纏めてみました。

近日、出産を控えている方は必読ですよ!

・後陣痛

出産前に起こる陣痛は言葉では言い表せられない痛みがありますが、

出産後も地味な痛さが継続する「後陣痛」になることがあるママさんもいるといいます。

入院中でしたら看護師さんなどが処方箋をくれるといいますので、

後陣痛になりましたら即時病状を伝えたほうが良いでしょう。

・おっぱいを飲ませるのが大変

テレビや参考映像などを見せられるとママさんが

子供におっぱいを飲ませいるシーンをよく見かけると思いますが、

産後に必ずおっぱいが出るとは限らないのが現実です。

これは体質によるものですから深く考えずに医師に相談すると適切なアドバイスをしてくれます。

・赤ちゃんが寝てくれない

生まれたばかりの赤ちゃんほど寝つきが悪く2時間程度ですぐに起きて泣くものです。

これは成長と共に寝る時間も長くなりますが、

産後は赤ちゃんと同じペースで2時間寝て泣いたら起きるような

生活サイクルだということを念頭においてください。

あなただけでは手に負えないようでしたら、

旦那さんに協力してもらうのがベストですよ。

・赤ちゃんが泣くとイラつく

寝つきが悪く泣くことの多い赤ちゃんに付き合っていると

ストレスが溜まってイライラすることが多くなるといいますよね。

叱ってもイラついても赤ちゃんには罪はありませんので、

あなたのストレスが軽減されるよう旦那さんにも子育てを協力してもらってみてください。

・ベビーカーやチャイルドシートを拒否する

赤ちゃんは気分屋ですから拒否しているなら無理やり拘束させるものかわいそうですから、

過剰に拒否するようなら抱っこしながら移動するのが一番ですかね。

慣れてきましたらママちゃんの言うことも聞いてくれるようになりますから。

このように纏めますと産後の苦労って結構ありますね。

しかし手がかかった我が子だからこそ可愛いものですので、

元気いっぱいに育っくれるよう愛情を注いで子育てをしてくださいね!

スポンサーリンク
コメントを残す

関連キーワード