中古マンション購入の注意点買ってはいけない中古マンションとは?
スポンサーリンク

☆住宅を購入することで豊かな暮らしを実現する☆

これから住宅購入を検討される方、必見です。
住宅購入で失敗しないためのノウハウをお伝えしています。

年間100組以上の相談をうけるトップエージェントが運営。
多くの住宅購入者のお手伝いをする中で感じた、消費者と不動産業界とのギャップ。
無知すぎる消費者を食いものにしている不動産業界の現状をもっと知りましょう。
一生で一番大きい買い物です。
失敗しないために知っておくべき大切なことがあります。

中古マンション 検索サイト !おすすめアプリでサクサク部屋探し!カナリーは、最大級の物件数を掲載!

中古 マンション 欲しいあなたにおすすめの

中古マンション 検索サイト おすすめ

毎日の更新により、募集物件をほぼ網羅しています。

ポータルサイトとは違い、マンション 中古 新着

物件情報を広告として掲載していないモデルのため、

”おとり物件”は排除し、掘り出し物 件の最新情報を日々揃えています。

内見予約もアプリ上で完結し、無駄なやり取りを省くことによって、

仲介手数料も最低金額保証。どこよりも安い価格で快適に部屋探し!

アプリでサクサク部屋探し、仲介手数料は最低金額保証(最大無料!)

 


●────「新築マンション購入者アンケート」回答者全員に5000円分の商品券♪───────●

株式会社リクルート住まいカンパニーでは、首都圏・関西にて、
2014年以降に新築マンションの購入契約をされた方を
対象に「新築マンション購入者アンケート」を
実施しています。ご協力よろしくお願いいたします!

▼新築マンション購入者アンケートはこちら▼

★回答者全員に5000円★新築マンション・新築一戸建て購入者アンケート★
2018年1月以降、首都圏・関西・東海にて新築マンションを購入された方!
■■■■回答者全員に5000円!!■■■■

=============================================================
株式会社リクルート住まいカンパニー
新築マンション・新築一戸建て購入者アンケート担当
=============================================================

 

スポンサーリンク

中古マンション 購入 注意点

中古マンションの購入を不完全な成功させるために最も重要なことは、

信頼できる専門家に嬉しい相談することです。

もともと、この役割は、不動産業者の営業担当者が尋ねますが、

「あなたは本当に自分のためにアドバイスをしますか?」

と心配する人はあまりいません。

一部の営業担当者は会社の利益を重視しているため、

実際には常に有益なアドバイスを提供するとは限りません。そのようなことは物凄いでしょう。

中古マンションの災害リスク

中古マンションの購入する時に。

災害リスクを見落とすのは驚くほど簡単です。

ところでどのようなリスクがあるのか​​を見つけて、安全な物件を見つけましょう。

ただ、主要な地震国である日本では、

地震や洪水が発生した場合の災害のリスクを常に意識する必要があります。

そのようなことは当然では、

「実際、財産を探す際に災害リスクを適切にばらばらな調査できるのに、ほとんどしている人がいません」

それでも、一生に一度の購入となることが多い不動産を購入する場合、場所や内装だけでなく、

発生しない災害に対しても安全な不動産を選択する必要があります。

中古マンションの災害リスクを確認するには?

現在、全国の災害リスクはハザードマップとして各地方自治体によって開示されており、

一般大衆が見ることができます。

それにまた、不動産の売却契約前の重要事項の説明には、

不動産会社から渡される書類に現地のハザードマップなどがあり、

そこで災害リスクを確認できます。

こうしてそれは見事であるかと。各災害リスク情報を確認できます。

但し、このようなことはかなり満足に思います。

これは、中古マンションの購入を検索するときに調べる事の1つです。

これは、全国の災害情報をすぐに確認できるためです。

そしてこのようなことはともかく重要ではないかと思います。

ハザードマップポータルサイト
~身のまわりの災害リスクを調べる~

https://disaportal.gsi.go.jp/

中古マンションの購入時に新耐震基準かどうか

耐震基準

住居のさまざまな標準値のうち、耐震基準の値はすべての災害項目に影響します。

そのようなことは貴重だと思います。 耐震基準は1981年6月1日に更新され、

この日付以降に建設されることが確認された建物は新しい基準を採用しています。

だから、これはエレガントだと思う。

ただし、特定の耐震基準を満たしているという意味では安全です。

また、これで十分だと思います。

耐震基準が心配な場合は、最初にプロパティが1981年以来建設されているかどうかを確認してください。

もちろん、それはプロパティが推奨されないということではありません。

また。耐震基準を満たしていれば、住宅ローンの額により、住宅ローン減税の対象になります。

築後20年(マンション等の場合は築後25年)以上の中古住宅を取得した場合は

耐震基準適合証明書がしつようになります。

参考サイト国土交通省(法人番号2000012100001)
https://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk2_000017.html

耐震基準適合証明書が作れる耐震基準を満たしているかどうかが、

中古マンションの購入の注意点でもあります。

出方法:住宅ローン年末残高×控除率1%

自分の体験ですが。築21年目の中古マンションを購入した体験談ですが。

1500万で購入で諸経費とリフォームは別で現金です。大体諸経費が中古マンションだと価格の6~13%

ぐらいかかります。

リフォームと諸経費と新しく家財購入で800万ぐらい現金がでました。

そして、耐震基準適合証明書がなかつたので、

そのマンションがい耐震基準に適合していたため。

新しく耐震基準適合証明書を作成してもらいました。

当時、なかなか、良い、新築ばかりしか売ろうとしない、不動産屋さんばかりでしたが。

たまたまに、ネツトの広告で見つけた、三井のリハウス 千葉センターさん

の、担当者さんが、大変良い人で、銀行にローンの交渉から、

耐震基準の事や住宅ローン減税のことまで、親身に行動していただいて。

毎年の年末の源泉徴収のじきに、住宅ローン減税の用紙を会社にだせば。

1月の給料にうわのせされます。

生きているうちに、何回も買わないものなので、良い不動産屋さんにあたらないと、

欠陥住宅やマンションなどを購入してしまうことになる事もありますよね。

自分は、三井のリハウス 千葉センターさんですごく良いかったと思っています。

今でも大変感謝しています。

 

古いマンションを購入するためのウィンドウ情報の量と

サービスの質に基づいてブローカーを選択してください!

中古マンションの購入を検討する際、仲介会社はどのような基準を選択すべきですか?

提供される情報の量とサービスの品質は、仲介会社を評価するための一定の基準ですが、

担当者との互換性など、無条件に言うことはできません。

周囲のビジネスの実際の状況、市場価格の感覚、物件周辺の情報など、

伝達する情報の量と質に基づいて、トレーダーが信頼できることを確認してください。

また、訪問仲介業者が物件のブローカーでもある場合、

売り手の売り手理由や希望時間などをよく知っていることが多く、

場合によっては割引に対応することがあります。

気に入った物件を見つけたら、

請負業者がその物件を提供しているかどうかを参照することをお勧めします。


◆以下のリンクから無料会員登録をするとセミナー動画が見放題!!
https://consul.houseclouver.jp/ent/e/7a5eA6MhbwewAHpR/

◆全国の不動産エージェントが探せるサイト
https://houseclouver.jp/

◆豊かな暮らしのヒントがたくさんのブログ
https://blog.style-innovation.com

◆AIが一瞬判断でリスクや資産価値を判断する無料Webアプリ
https://www.style-innovation.com/selfin

************************
HOUSECLOUVERちゃんねる

【運営会社情報】
会社名:スタイルイノベーション株式会社
https://www.style-innovation.com/
愛知県名古屋市東区泉1-11-8 林敬泉ビル2階
TEL:052-955-8602
お問い合わせはこちらから

************************

☆初めての方へメッセージ☆

はじめまして。スタイルイノベーション代表の宮田と申します。

弊社のホームページを訪れて気がついた方もいらっしゃるかしれませんが、不動産仲介会社でありながら、物件情報を一切掲載しておりません。
それは、弊社のスタンスに大きく関係していると思います。

一般的な不動産会社であれば、購入希望者に対して物件を紹介するのが仕事です(市場に流通している物件は、基本的にどこの不動産仲介業者からでも購入することができます)。
しかし私たちが重視するのは、どうやったら顧客の豊かな暮らしが実現できるかということです。

不動産業界は、他の消費財と比べてリピート性が低いという商品特質から、売って終わりという雰囲気が古くからあります。
それは顧客の家を買ったあとの暮らしよりも、業者の利益を最大化させる方向に走ってしまいがちです。
一般的な業者は顧客の利益よりも自分たちの利益を優先しています。

ただ、本当に顧客の利益を考えるのであれば、買ってもらうその時だけでなく、将来売却する時も想定して、資産価値のある物件を探し、いくら物件が良くても資金繰りが苦しくならないようにライフプランニングを一緒に設計して、無理のない購入計画を立案することが必要です。

そこで私たちは、物件を売るのではなく、顧客が家を買うことで豊かな暮らしを実現してもらうことに理念と理想をおきました。
つまり、私たちの事業は、物件を売ることでなく、豊かな暮らしを提供することなのです。

ですから、一緒に物件を探すときに、将来的にリスクがあればそれを正直に言いますし、ライフプランニングを設計する中で、無理なく支払っていける予算を一緒に考えていきます。

ここ最近、インターネットの発達から、ありがたいことに名古屋市だけでなく東京や大阪を始め、日本全国からお問い合わせをいただくようになりました。
今は自社の商圏エリアだけでなく、全国の同じ志のある不動産エージェントと「HOUSECLOUVER」というネットワークを築き、ご希望に添えるよう尽力しています。

より多くの方が、住宅を購入で失敗しないように、そしてより多くの方が、住宅を購入してより良い暮らしを実現できるように、私たちはその信念のもと、サービスを提供していきたいと考えております。
ぜひ、あなたも弊社やHOUSECLOUVERのサービスをご利用いただき、あなたが望む、豊かな暮らしを実現させてください。


スポンサーリンク
おすすめの記事