メラノーマ: いつも目にしているのに、気が付けなかったがん
スポンサーリンク


【ホクロに違和感? メラノーマとは】

メラノーマ(悪性黒色腫)は皮膚がんの一種で、メラノサイトと呼ばれる色素をつくる細胞、またはホクロの細胞(母斑細胞)が悪性化した腫瘍です。メラノーマの患者さんは、 “ホクロ”だと思っていたものががんだと分かった時、大きなショックを受けたと言います。メラノーマは体の表面に現れるので、自分で見つけることができます。少しでもあやしいホクロがあれば、専門の医師に診てもらうことが大切だと、メラノーマ患者さんは切実に語っています。ぜひご覧ください。

フルストーリーを見る:https://www.novartis.co.jp/stories/education-awareness/patient-melanoma

スポンサーリンク
コメントを残す