マンション購入時に失敗や後悔しないために確認しておきたい災害リスク
マンション購入時に失敗や後悔しないために確認しておきたい災害リスク
スポンサーリンク

マンションを購入すると言う事は普通の方ですと一世一代の多額な買い物になるはずです。

その為にお金を貯めたり金融機関からローンをしたりして心身的なハードルを超えて手に入れる訳ですので

失敗はしたくないはずです。

 

間取りや建築方法については物件サイト等で事前に確認する事ができますが、

ある意味読みにくく見落としがちなのが災害リスクです。

マンション購入時に失敗や後悔しないために確認しておきたい災害リスク

 

完全には読みきれないですが、

購入しようとしている物件に少しでもリスクがないかを確認する方法を知っておくと安心しますので、

今回は幾つかの方法をご紹介させていただきます。

 

 

マンション購入時の災害リスクについて

そもそもマンション購入時のリスクにはどの様な物があるのかと言う事を知っておかないといけません。

とは言ってもどのキーワードから考えたら良いかが分からない方もいらっしゃると思いますので

分かりやすい部分からお伝えしますと、

日本は地震大国であり又昨今では台風やゲリラ豪雨など気象条件にも気を配った方が良いと言う事です。

マンション購入時の災害リスクについて

 

これはあくまでも個人的な見解ですが、

例えば川や海の近くの高層マンションはとっても景色が良いです。

 

 

仕事でストレスが溜まっても帰宅すれば素晴らしい景色が待っているとすると

リフレッシュができるかも知れません。

 

 

ですので高層階に標準を合わせて一生懸命貯金をしたり

購入できるその日まで待ち遠しく思っている人も居るかも知れませんので

ぜひ手に入れて頂きたいのですが、

でももし地震が起こった時は大丈夫だろうか?

電気系統が切れてエレベーターが動かなくなったらどうしよう、

川が氾濫したらどうしようなどと言うリスクも考えた上で購入を検討する事が大切になります。

 

スポンサーリンク

マンション購入時の災害リスク確認方法

マンション購入時の災害リスク確認方法

上記に記載した他にも土地的な問題など色々なリスクを考えるとキリがありませんが、

先ずはこれから自分たちが購入しようとしている地域の災害リスクはどうなのだろうか?

と言う事を知る事が大切です。

 

 

 

また現在では災害リスクは各自治体がハザードマップを公開しています。

ハザードマップポータルサイト

ハザードマップポータルサイト

 

ハザードマップポータルサイト

https://disaportal.gsi.go.jp/

 

 

そしてこれは役人だけでは無くて一般の私達でも見ることができますので

必ず物件の候補選びの時に確認しておくべきだと言えます。

 

 

そして地震や洪水、液状化現象等、

多くの災害リスクがありますが優先的にどの項目をどの様に確認すれば良いのか?

と言う事を次項でご紹介させていただきます。

 

 

 

スポンサーリンク

災害リスクのチェック項目

災害リスクのチェック項目

 

日本は地震大国であり、

いつ何処で起きるか分からないですので自分の地域は大丈夫だろうと言う事はありません。で

 

すので住居を検討する中でも耐震基準と言うのは何処のエリアのマンションでも

必ず関係してきますし確認しておかなければいけません。

 

 

詳細な確認方法は簡単でして、

耐震基準が印新されたのは1981年6月1日になりまして、

この日以降に建築確認を受けた建物に関しては新耐震基準が適応されています。

 

 

ですので耐震基準を満たしていると言う点で言うと安心できるかも知れません。

 

 

なので確認方法と致しましてはお目当の物件1981年以降に建築が決まったものかどうかを調べてみましょう。

 

 

 

そして耐震基準に達していない場合はお勧めではないのかと言うと決してそう言う訳ではなく、

事前にハザードマップでエリアの情報を確認しておき、

万が一災害があった時の避難経路や地域の消火設備が充実しているか等を念入りに確認してしておきましょう。

 

 

そして地震以外でも津波や洪水に代表される水害を考えると海抜が高い物件を選ぶと言う事も大切です。

 

 

また、例え海抜が低い場所だとしても階数が高い部屋を選ぶ

事でリスクを回避する事ができます。

 

 

 

 

スポンサーリンク

マンション購入時の相談先は?

マンション購入時の相談先は?

 

一生の中で恐らく一度しかないマンション購入の機会なだけになるべく

失敗したくないと思うのは当たり前の気持ちだと思います。

 

そして災害リスクについて自ら調べる事も大切ですが、

素人の場合には限度がありますので

経験豊富でありフラットな立場となる信頼できる専門家に相談してみる事がお勧めとなります。

 

本当でしたらお客様に対してこれらの役目を果たすのが

不動産会社の営業マンなのですが

しかし営業マンは自分のノルマの為に悪い部分は伏せておいて

良い部分のみをPRしてお客様に販売しようとする場合もあります。

 

ですので必ずしもメリットの他にデメリットも伝えてくれると言う訳ではありませんので、

一番良いのは取引経験が豊富な不動産会社や不動産鑑定士に相談をしてみると良いでしょう。

 

ただできればそれが不動産会社の方だとビジネスが絡むので

立場的に自分の利益を求めてしまう事があるのでできれば

友達や紹介してもらった知人がいればベストです。

 

マンション購入時に確認しておきたい災害リスクまとめ

マンション購入時に確認しておきたい災害リスクまとめ

マンション購入時に確認しておきたい災害リスクまとめ

 

建築中のマンションを見ると「こんな所に住みたいなぁ」

とつい思ってしまいますが一生モノの買い物だからこそ事前に災害リスクは確認しておきたい物です。

 

また日本にいる以上は地震や天候による災害リスクはいつ起きるか分かりませんので

ゼロにする事はできません。

 

しかし今回ご紹介させていただいた方法によって少しでもリスクを軽減させる事はできますので、

マンション購入時には容姿や価格だけで決定せずに必ずどの様な災害リスクが

あるのかを確認する様に致しましょう。

スポンサーリンク
コメントを残す

関連キーワード