コロナ禍で花火・祭・墓参もバーチャルな時代え
コロナ禍で花火・祭・墓参もバーチャル
スポンサーリンク

新しいコロナウイルスの蔓延は夏の伝統を変えました。
花火大会や中止となったお祭りをデジタルで再現する試みが広がっています。
自宅でVR(バーチャルリアリティ)ゴーグルをかけ、墓参りができるサービスも登場。
コロナ収束の見込みがないため、
夏のイベントの新しい形として定着するかもしれません。

バーチャル花火大会

隅田川花火大会は毎年100万人近くの来場者で賑わいます。

43年目となる7月11日、イベントは中止となりましたが、

会場近くの東京スカイツリー展望台(地上350メートル)にて、

今月末まで、バーチャル花火大会、過去の映像を窓に映し出す

「仮想花火」ガラスが展示されていました。

バーチャル花火大会は実施中です。

見事な病の撲滅祈願のルーツである隅田川花火の360度の眺望は、

来場者に好評であり、

来年もバーチャル花火大会を平常通り開催できると期待している。

スポンサーリンク

今年はバーチャル花火で 東京スカイツリー

 

スポンサーリンク

バーチャルお祭り

 

祭りのまちづくりに携わる「おまつりジャパン」(東京)が15日、

徳島の「阿波おどり」や群馬県の「桐生八木節」など8つの祭りにオンラインで参加できる

イベントを開催する。

主催団体と連携し、

Web会議システムを通じてダンスを指導し、

「お祭り気分」の再現を中心に、

地元の食材や地酒をオンラインで販売しています。

高齢者や子育て世代に加え、

遠隔地のイベントを「混雑していない人でも楽しめる」に拡大することで、

「資金不足に悩んでいるお祭りの生き残り」として活用する。

 

スポンサーリンク

ヴァーチャル体験!! 青森ねぶた祭

 

【VRで旅する東北の夏】青森ねぶた祭

 

 

 

阿波踊り [ VR 360度動画 8K ] 360度体感する 大黒天

 

 

【VR360動画】 徳島 阿波踊り

 

 

 

【360° VR】 桐生八木節まつり

 

 

桐生八木節まつり最終日。
本町5丁目交差点 大やぐら「粋翔」付近の様子を360°で。

桐生八木節まつり 3日目の様子を360°で! #桐生 #桐生八木節まつり #桐生まつり #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

桐生八木節まつり大フィナーレ

何重にも八木節踊りの輪が広がり、50万人が熱気と興奮に包まれます。

 

大分県三大祇園祭(日田祇園・臼杵祇園)

 

 

大分県三大祇園祭(日田祇園・臼杵祇園)と呼ばれる中津祇園が2015年7月24日(金)、

25日(土)、26日(日)に開催されます。

上祇園、下祗園合わせて13台の漆塗りの祇園車と呼ばれる豪華な山車と2基の御神輿が氏子町内を巡幸します。

辻々では舞踊等が奉納され、

巡幸を終えた祇園車はそれぞれの神社境内で練り込みを行い、

クライマックスを迎えます。

vr墓参りサービス

 

今夏は帰国をあきらめる人も多いが、

全国に約300店の石店が集まる「全国優秀石屋協会」

(東京)が独自の「VR墓参り」サービスを1日から始めた。

各店のメンバーはお客様の指定したお墓に行き、

花や香を360度カメラで撮影。

ゴーグルで画像をお届けします。

価格は27,500円から。会は

「法要はしたいが出来ない人の願いに応えたい」と語った。

新型コロナで変わるお盆!今年は自宅でVRお墓参り!?

新型コロナウイルスの影響で、今年はお盆の帰省を諦める人も多いのではないでしょうか。

こうした中、登場したのが、仮想現実・VRを活用した墓参りサービスです。

 

お盆休み 急成長!お墓参りを業者が代行

お盆休みのこの時期、帰省してお墓参りという方も多いのではないでしょうか。

お墓の場所が遠いなどどうしても時間がとれない人のために代行サービスが今、

急成長しています。
日本全国に支店を持つハウスクリーニング大手企業が5年前に始めた「お墓参り」代行業。

お墓参りといえば、墓石の掃除に周辺の草抜き。

ご先祖さまに年に数回のご奉仕とはいえ、骨が折れるのは事実。

これをお掃除のプロが代行してくれるというサービスです。

この会社ではここ5年で依頼件数が3倍になり、

ことしは去年の件数のおよそ47パーセントアップと急成長しています。

全国に支店があり、どこのお墓でも対応可能で、約1時間半の作業が18900円から。

 

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. 匿名 より:

    お墓の維持という面で言えばありなんでしょうが、生活の拠点を実家から離れた場所に置いたら、そのお墓のあり方も見直さないといけないんだろうな

  2. 匿名 より:

    積極的に利用したくてする訳でなく、
    やむを得ない事情で利用するという事。

    墓は墓仕舞いしない限り存在し続けるが、
    管理者たる子孫は永遠に繁栄し続ける訳ではない。

    そもそも少子高齢化が加速する中で、
    増え続ける墓を管理出来る訳もない。

    時代に合わせた墓の在り方を考えねば、
    荒廃した無残極まる墓場が溢れてしまう。

  3. 匿名 より:

    本来ならお盆の墓参りのときに、周りの草を取ったり墓石を綺麗にしたりするが…暑い最中でなかなか出来ないし、高齢になると墓参り自体に行けない。しかも今年は特にコロナの影響で、帰省を控える動きもあるので…墓参りがより疎遠化してしまう。
    墓参り代行によるお墓のメンテナンスは、個人的にアリだと思う。

  4. 匿名 より:

    このサービスを頼むというのは、近隣にも頼める親族もおらず、参る人もいないような状況なんだろうな。
    或いは高齢で健康の問題から行けないとか、往復の費用が高く負担になるとか。
    墓じまいも現実的に考えなくてはならないのかもしれない。

  5. 匿名 より:

    使わない・お金払ってまでという意見が多いがお墓の清掃と思えばなくはない。
    誰もが綺麗な墓苑・墓地を持っているわけではなく山に石が置いてあるだけで自分達で手入れをしないと行けない人も多い。
    お墓参りという意味では自分もなしだと思うが・・・

  6. 匿名 より:

    行く必要性がない。

  7. 匿名 より:

    エレベーター  
    飛沫 
    飛沫痕からの経路不明の市中感染

  8. 匿名 より:

    よりお家で。BS・CS、4K・8Kで花火も見れる、今年は我慢。

  9. 匿名 より:

    マスク必着等の対策が出来ているなら良いのではないでしょうか。

  10. 匿名 より:

    VRで見れるらしい。
    実物が良いに決まっているが、このご時世だとこんな楽しみ方も仕方がないね。

  11. 匿名 より:

    死と感染の恐怖
    放射能が街中を漂うのと恐怖感はたいしてかわりない

  12. 匿名 より:

    阿波踊りなんかコロナなくても破綻寸前ぞ

  13. 匿名 より:

    来年、夏祭りとか花火とか実際に出来れば良いが、終息も見通せずオリンピックすら定かではない。
    来年も含め、向こう2、3年は無理ではないのか?

コメントを残す

関連キーワード