「プルームテックプラス レビュー 」紙巻きたばこからプルームテックへ乗り換えた感想
スポンサーリンク

私が紙巻きタバコからプルームテックに乗り換えるまでの経緯と、

乗り換えた時の感想をまとめて レビュー してみました。

スポンサーリンク

プルームテックに乗り換えた理由

私が紙巻きタバコからプルームテックに乗り換えを考え始めた理由は、

周りの喫煙者の変化とそれに対する興味、そして紙巻きタバコの値上げです。

アイコスやプルームテック等の加熱式タバコが発売されてから個人的な印象としては、

急速に喫煙所で見かける喫煙者の加熱式タバコの喫煙割合が増えたように感じました。

なので、その時に「何故加熱式タバコが紙巻きタバコよりも良いと判断されたのか」と疑問に思い始め、

加熱式タバコに興味を持ちました。

インターネットで加熱式タバコについて調べてみると、

『タールが入っていない・煙が出ない』等のメリットがあるのと同時に、

『吸いごたえが無い、機械なので故障のリスクがある』等のデメリットがあることも知りました。

それでも調べていくうちに、

『副流煙がほとんど無いこと』と『健康へのリスクが紙巻きタバコよりも低い』

という2点を理由に、私は紙巻きタバコから加熱式タバコへの乗り換えを決意しました。

プルーム 【新色 発売】 プルーム・テック・プラス 「Ploom TECH+」プ…
価格:4480円(税込、送料無料) (2020/3/20時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

楽天で購入

 

 

スポンサーリンク

プルームテックに乗り換えるにあたり

乗り換えるにあたって、まずどのメーカーの加熱式タバコを購入するのかを決めるため、

有名な加熱式タバコの公式サイトをいくつか確認しました。

当時の私はカプセル式で甘い香りのするメビウスのプレミアムメンソールオプションレッドを

吸っていたので『甘いフレーバーを楽しめる』というプルームテックを購入することにしました。

さらにプルームテックのフレーバーに今まで吸っていたメビウスのレッドがあったので

慣れている方が良いという後押しもありスムーズに決断できました。

ちょうどその時期に、自分が吸っていた紙巻きタバコの値上げが決定し、

どうせ出費が増えてしまうのだったらこの機会に乗り換えようと思いました。

ですが簡単に乗り換えられるのか不安な部分もあったので、

念のため値上げ前に紙巻きタバコのストックを用意していました。

スポンサーリンク

プルームテックに乗り換えた直後

新タイプ プルームテック プラス キャップ ケース アクセサリー 防塵保護 おし…
価格:1100円(税込、送料無料) (2020/3/20時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

楽天で購入

 

 

初めて吸った時、むせかえりました。

水蒸気を一気に吸い込むので従来の煙を吸い込むのとはまた違った感覚でした。

例えると、熱いラーメンを思いきりすすった時のような感覚でしたが、

その時の何倍も喉に負担をかけているような余韻が残りました。

初めての一服はあまり良い印象はありませんでした。

それから慣れるまでの間は、紙巻きタバコとプルームテックを両方使うようになりました。

その代わり、紙巻きタバコのように1本火を付けたら最後まで吸うのではなく、

1口単位で吸うことが出来たので好きなタイミングで止めたりまた再開したりすることが出来ました。

プルームテックに慣れてきて思った事

紙巻きタバコとの併用を始めて、早い段階で「便利だな」と思いました。

今までは自宅の換気扇の下で吸っていたのですが、

ヤニが出ないので部屋で堂々と吸うことができました。

また、車の中では寒い日でも車の窓を開けなくて済みました。

それから服や髪の毛、車のシートなどにタバコの臭いが付かなくなり、

いつからか車に乗り込む時にしていた車のシートに染み込んだタバコ臭さもなくなっていきました。

吸っている時のむせかえるような違和感も何回か経験していくうちに、

逆に紙巻きタバコを超える吸いごたえに変わっていきました。

なので紙巻きタバコを吸っても吸いごたえを感じることが無くなり、

併用し始めて1週間ほど経過した時にはもう紙巻きタバコを買う気にもならず、

しっかり切り替えができていました。

切り替えた後に気が付いたデメリット

プルームテックに切り替えてから、

紙巻きタバコには無かったデメリット2点に気が付きました。

1つ目は、吸いすぎてしまうことです。

紙巻きタバコと違ってプルームテックは一度専用のカプセルを交換してしまえば

紙巻きタバコの約5本分(数時間の長さによって変わりますが)になってしまうので、

運転中や動画を夢中になって見ている時に吸い始めてしまうとすぐにカプセル交換の合図が出てきて、

あっという間に一箱分吸い終わってしまいます。

2つ目は、機械の故障での出費の額が大きいことです。ある日突然、

プルームテックが充電できなくなってしまいました。

何事かと思い調べると本体のバッテリーが壊れてしまったようで、

また新しく買いなおすことにしました。

公式サイトにアカウントを作り、

購入したプルームテックを登録すると、

故障した際の修理や保証をしてくれるらしいのですがその間の吸えない時間が出来てしまうので、

結局新しく買いなおすことにしました。

突然の故障の時に紙巻きタバコなら新しい一箱買いなおすだけでいいのになと思ってしまいました。

プルームテックプラス レビューまとめ

以上が私が紙巻きタバコからプルームテックに乗り換えた時に実感したことです。

結果的に吸う本数が増えてしまい紙巻きタバコよりも出費は確実に増えてしまいましたし、

充電中に吸いたい時用に今では2台持ちになってしまいましたが、

それでもタールや副流煙の無い健康面でのメリットや臭い、

火を扱わなくて済む安全面のことを考えると、

やはり紙巻きタバコから切り替えてよかったなと思いました。

【JT公式】プルームテックプラス(Ploom TECH+)・スターターキット<リ…
価格:2980円(税込、送料無料) (2020/3/20時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

楽天で購入

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事