抗原検査キットが販売!
スポンサーリンク

新型コロナウイルスへの感染を診断する抗原検査のキットを
8月13日から医療機関向けに販売。
鼻の奥から粘液を採り、抗原があるかを15分程度で診断するもので
一般の医療機関でも短時間で簡単に検査が可能。
検査キットを手掛けるデンカは、
一日に最大10万件分の検査キットの生産が可能だとしている。
また、抗原検査、抗体検査、PCR検査の違いを改めておさらい

今年は新型コロナの影響で毎年行われていた高知県の「よさこい祭り」が中止に。
悲しい空気が地元に広がるなか、警察でも何かできないかと考え、現役警察官がキレキレの「よさこい」動画を投稿。
投稿からわずか2週間で30万再生を超える大反響となった。
また、中止となったよさこい祭りの代わりに、
「みんなのよさこいプロジェクト」として動画を募り、オンライン上で「総踊り」を開催。
日本だけではなく、アメリカやドイツ、台湾からも動画が投稿された。

新型コロナウイルスの影響で3密を回避するため、 施設や店などは様々な工夫が求められる。 ロンドンのレストランでは、 客の数を従来の半分程度に制限したことによってできた空席に 愛くるしいテディベアを座らせた。 来店客からも「フレンドリーな子たちが席を埋めていて良いね」と好評の様子。 また、スウェーデンでは究極のソーシャルディスタンスレストランが。 大草原にポツンと置かれたテーブル。 1日一組限定で、しかも席は屋外。 料理やメニューもひもを伝って届けられる徹底っぷり。 別の地域では公園に人を来させなくするため、鳥のフンを1トン撒く対策をした。 様々な国や地域で、ユニークなアイデアで3密防止に取り組んでいるようだ。

世界一暑い場所として知られるアメリカのデスバレー国立公園で、
16日に54.4度を観測
アメリカメディアによると、公式記録と認定されると、
1931年にチュニジアで観測した55度以来 89年ぶりの暑さとなる。
デスバレーの暑さの要因の一つとしてフェーン現象が考えられる。
よく耳にする「フェーン現象」について、わかりやすく解説

楽器販売店の島村楽器が管楽器専用のマスクを製作。
マスクを着けたまま、問題なく演奏が可能。さらに、マスク内に適度な空間ができる立体設計によって呼吸量が多い管楽器の吹奏時でも苦しくない。
使用方法は広がりをみせていて、タピオカを飲むときも使われるなど販売側も想定外。
都内のディスカウントショップでは、「スマイルマスク」を導入。
コロナ禍で進化したマスクを紹介!

マスクにゃんと気になるニュースを見てみるにゃん!
(2020.0820)

☆『みんなもニャーチューバー』ではかわいいネコちゃんの写真を募集中☆
マスクにゃんのTwitterから受け付けてるにゃん!
https://twitter.com/MNNmasknyan

☆LINEスタンプ好評発売中☆
https://store.line.me/stickershop/product/10178987

★みんなでデザイン!マスクにゃんのマスク★
https://www.tv-asahi.co.jp/mnn/#/section-2?category=news
できあがったらTwitterに投稿してくれたらうれしいにゃん!

~『マスクにゃんニュース』のいっき見もオススメ!!~
https://www.youtube.com/playlist?list=PLKeSkVQhqoOqBRYSN6tLoLI6sl47Uc4rj

♪マスクにゃんのtwitterはこちら↓↓
https://twitter.com/MNNmasknyan

♪MNNマスクにゃんニュースのHPはこちら↓
https://www.tv-asahi.co.jp/mnn/

#抗原検査 #よさこい #クマ#デスバレー#楽器専用 #テレビ朝日 #勉強 #雑学 #時事問題 #マスクにゃん #猫

スポンサーリンク
コメントを残す

関連キーワード