コンビニ100円おせちに高級魚! その理由とは・・・(2020年12月15日)
スポンサーリンク


コンビニエンスストアの100円おせちには、あの「高級魚」を使った商品が登場します。その理由とは。

 「ローソンストア100」で販売される1つ100円のおせち。少量で自分流にカスタマイズした盛り付けが楽しめると人気です。今年は高級魚「ノドグロ」のかまぼこや味付けホタテなど、100円とは思えない高級食材を使ったものも登場。ノドグロのかまぼこやホタテ、人気の数の子や伊達巻など重箱いっぱいに詰めても、お値段は1100円です。
 実は新型コロナウイルスの影響で飲食店などの需要が下がったため、様々な高級食材が市場に余る結果に・・・。そこで、安い価格で手に入るうえに生産者応援にもつながると、ノドグロなどの「高級食材」を使用することにしたそうです。
 生産者応援のため、高級食材をおせちに利用した取り組みは「ふるさと納税」の返礼品でも。下関の「フグ」や高知県四万十町の「ウナギ」など、なかには人気のあまり早くも受け付けが終了したものもあるそうです。
 そして、ローソンストア100の100円おせちは種類の多さやカスタマイズしやすい利点を生かした盛り付け方もあります。おせちの概念を覆す重箱ではなく、ガラスの器やグラスに盛り付けたインスタ映え間違いなしの「パフェ風おせち」。
 スタッフもオリジナルおせちに挑戦。好きな具材をグラスに入れ、最後は謎のかまぼこをのせて出来上がり。もはや、どっちが上下かすら分からない仕上がりです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

スポンサーリンク
コメントを残す