「オンライン銭湯」 “和みの動画”に注目 自粛の中“オンライン飲み会”も
スポンサーリンク

長引く新型コロナウイルスの影響。
自粛生活をアイデアで乗り切ろうとする、さまざまな動きが出ている。

今も息づく、日本の伝統文化「銭湯」。

自粛の長期化が懸念される中、SNSに投稿された動画が、注目を浴びている。

動画を見た人(50代)「いいですよね。癒やされます」

動画を見た人(11)「温泉に行きたくなる」

動画を見た人(40代)「おうちにいても、画像から気分を味わえていい」

全国にある銭湯50カ所以上が、次々と“和みの動画”を投稿。

東京・杉並区にある「秀の湯」もその1つ。

「秀の湯」久留島康平さん「この動画を見た皆さんに、少しでもリラックスしていただければと思い、動画を撮りました」

創業から89年、開放感のある露天風呂に、ジェットバスなどが評判の街の銭湯。

しかし、不要不急の外出自粛要請を受け、お客さんの数は、3割ほど落ち込んでいるという。

「秀の湯」久留島康平さん「銭湯を必要としている方は、たくさんいらっしゃるので、どうしても銭湯を続けないといけないという思いがあり、少し苦労しています。この事態が少し収まったら、動画を見て良いなと思った方に銭湯に来ていただけるとうれしい」

オンラインを活用する動きは、飲み会にも及んでいる。

午後7時、自宅で1人乾杯の音頭をとる神奈川・横浜市在住の林知佳さん。
ここ1週間ほど、自宅でテレワークしているという。

乾杯の相手はというと…。

林知佳さん「今はコロナの影響もあって、なかなかみんなに会えないので、寂しいし、飲み会をしています」

仕事終わりに居酒屋で1杯…というわけにはいかないため、同僚8人とビデオ会議のシステムを使い、「オンライン飲み会」を開催。

気になる料理は…。

林知佳さん「あり合わせでマレーシア料理を作った」

それぞれが用意したつまみを見せ合い、居酒屋とは、また違ったムード。

時には、こんな飛び入りゲストも。

林知佳さん「うちも(ネコ)来たよ」

このオンライン飲み会、クリック1つで参加も退出も自由。

林知佳さん「このあとも飲み会があります。掛け持ちですね」

ほろ酔い気分の林さんは、このあと別の友人と「オンライン二次会」へ。

逆境の中でも仲間とのコミュニケーションを欠かさない工夫といえそう。

林知佳さん「自粛ムードなので、こういったオンライン飲み会で、少しでも楽しい環境が作れればいい」

(2020/04/07)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

スポンサーリンク
コメントを残す